スノーピークのフィールドバリスタ ケトルがオシャレすぎる!

おしゃれキャンパーを目指す私ですが、使用しているケトルはamazonで購入した激安ケトル。。。これではダメだとおしゃれキャンパー御用達のスノーピークのケトルを購入したのでレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

snow peakおすすめキャンプケトル(CS-115)&フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」(CS-113)

商品紹介

私が購入したのはスノーピークのフィールドバリスタケトル(CS-115)。まず基本情報はコチラ

サイズ:210×130×180(h)mm
重量:540g
収納サイズ:155×130×180(h)mm
セット内容:本体、収納ケース
容量:1.0L
材料:ステンレス、ブラス、天然木

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,700 (2021/09/26 00:15:49時点 Amazon調べ-詳細)

開封!

おしゃれでしょ?シンプルなデザインと取っ手が木材となっているところが気に入っています!また、収納ケースもついてるのは助かりますよね。

詳細を見てみる

注ぎ口が自然でつなぎ目が全くわかりません。ハンドル部分が取り外し可能で、収納時は袋に入れてもいいですしケトルの中に入れてもいいです。また、収納袋の中には小分けの仕切りがあって、ドリッパーやコーヒーフィルタも一緒に収納できることが可能です。

合わせてフォールディングコーヒードリッパーも購入!

せっかくおしゃれなケトルを手にいてたので、コーヒードリッパーもおしゃれに決めたいですよね?そこで、同じスノーピークの焚き火台型のコーヒードリッパーを購入しました!

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,300 (2021/09/26 00:15:50時点 Amazon調べ-詳細)

開封!

見た目はスノーピークの焚き火台の形とそっくりです。貧弱な感じかなーと思いきや見た目よりも重さもあってどっしりしてます。

フィルターはコツが入ります

フィルターはちょっとしたコツがいり、

1:両端を折り込む
2:下部分を折り込む
3:半分に折り込む
4:広げてドリッパーにはめ込む

まぁ、そこまで難しくないです!

コーヒーを淹れてみる!

さて、まずはキャンプにいく前に自宅で試してみます!

入れるとこんな感じ

かなり注ぎやすいです。傾きを調整すれば、動画よりも細く注ぐことも可能なのでコーヒーの入れ方にこだわる方にもいいのんじゃないでしょうか。

キャンプ場で使ってみる!

やはり映えます!キャンプサイトに彩が添えられる感じです!こうなるとコップもスノーピークで揃えたくなりますね。

まとめ

いかがでしたか?スノーピークからは本商品の他にも、フィールドコーヒーマスター、クラシックケトル、ステンパーコレーターがありますが、私はフィールドバリスタケトルの見た目に惚れて購入しました。皆様もお気に入りのケトルを見つけてください!

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,700 (2021/09/26 00:15:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,300 (2021/09/26 00:15:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,280 (2021/09/25 22:32:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥10,781 (2021/09/25 22:32:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥18,800 (2021/05/29 12:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク