【No1:苗購入】ベランダ鉢植えワイン用ぶどう栽培日誌(カベルネ・ソーヴィニョン)

この春、新たな試みにチャレンジしたいと思い、ベランダでワイン用のぶどうを育てることにしました!素人が試行錯誤する日記的なものを記していこうと思いますので、皆様暖かく見守っていただければと幸いです!

スポンサーリンク

【No1:苗購入】ベランダ鉢植えワイン用ぶどう栽培日誌(カベルネ・ソーヴィニョン)

商品購入

まず苗の購入から。ググってたどり着いたのは楽天にあるガーデンストーリーさんというお店。色々な品種の苗が売られている中、どうせならとワイン用品種であるカベルネ・ソーヴィニョンの苗を購入しました。

お値段は1,650円+送料1,250円=2,900円(総額)と思ったよりは安めでした。相場がわかりませんが、他のお店では5,000円くらいするお店もあったので高くはないんだと思います。

購入して数日で到着。2021年5月1日から栽培開始です!

【苗を購入したお店はこちら】
ガーデン ストーリー

詳細確認

私が購入したのは1年生苗で、到着時点で芽が4つほど出ていました。高さはポッド込みで62cmほどで、土の部分が23cmほどでした。根本の台木部分と芽が出ている部分が異なっており、初めて見る接木に少し感動。
商品の受け取りが遅れてしまったので、乾燥していないか不安でありましたが、土は湿っており大丈夫なのかなーと一安心。

鉢や土など購入!

とりあえず鉢に移さないといけないので、近所のホームセンターで色々購入してきました。購入したのは

・鉢
・受け皿
・スコップ
・鉢底ネット
・培養土(6ℓ)
・赤玉土(3ℓ)
・軽石(2ℓ)

です。全部で2,000円くらいだったと思います。

鉢(テラコッタ)

鉢を色々調べていると大まかなに

・素焼き鉢(テラコッタ)
・プラスチック鉢
・木製
・不織布

等があります。私はテラコッタの鉢を購入したのですが、この鉢は土を高温で焼いて作られており、微細な穴が空いているため通気性と排水性に優れていることから初心者の方に向いているとのことです。

家庭菜園すら初心者の私にはちょうどいいかなと思い、これにしました。陶器なので壊れやすいそうですが、1,000円以下でしたしデザインも気に入りました。

直径は31cmで高さは25cmほどあります。少し大きそうな感じでしたが、ネットで調べると大きめの鉢がいいとの情報がありましたので、まぁいいかなと。

植え替えをしていく!

網設置

まずはプランターの底にある穴から土や石が出ないように網を適当に切って設置します。

軽石設置

続いて排水対策のため、軽石を敷き詰めます。私は2kg入りの袋をちょっと余らせましたが、今思えば全部入れてもよかったと思います。

腐葉土と赤土を混合

続いて、腐葉土と赤土を混合させます。ちなみに赤玉土とは、赤土を焼き固めた無機質な用土で、雑菌などが繁殖しにくくなる効果があります。腐葉土と5:5くらいで混ぜるそうですが、私は腐葉土が多めとなってます。

植え替え

ポッドから土を崩さずに植え替えするのが本来のやり方だそうですが、中の土が柔らかかったため崩壊。根も思ったより細いので大丈夫でしょうか??

混合した土を投入

その後、混合した土を入れます。土等の量はちょうどでした。

とりあえず完成

とりあえずこれで完成です。おしゃれな感じに仕上がりました!

水をたっぷりあげていく

最初は受け皿に溢れ出るくらいたっぷりと水を与えます。テラコッタはやはり排水性が高く、側面から湿り出しているのがわかるかと思います。

ベランダに移動

ベランダに移動しました。ぶどうは日光が大好きなので、基本ベランダで育てていこうかと思います。鉢と土とでかなり重たいので、台風等でない限り風で倒れることはないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?今後、肥料や支柱の購入や剪定作業など色々やりたいことが盛りだくさんです。定期的に様子をレポートしたいと思います。

【苗を購入したお店はこちら】
ガーデン ストーリー

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク