【値引き額は?】マツダcx-5購入!(タフスポーツスタイル・スマートエディション)

さてさて、本日はいつもの内容は違い車の話となります。車を購入したので、ちょいと自慢させていただきたいと思います!購入したのはマツダのcx-5。選択オプションや値引きなんかも紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【TOUGH-SPORT STYLE】mazda cx5(SMART EDITION)

cx-5って?

2012年に発売されたマツダの代表的なSUVで、現行は2017年から発売された2代目となります。SUV国内販売台数で第1位を何度も獲得している人気車で、いまだに人気の車です。SUVでありなが、都会的でスタイリッシュな印象があり、ランクルやエクストレイルとはまた違った良さがありますよね。私が個人的な好きなところはフロント部分!カッコいい!

私が購入したのはグレード・カラー

私が購入したグレードは、

20S SMART EDITION

マツダと言えばディーゼルエンジン。ガソリン車とすごく悩みましたが、私は基本週末しか車に乗らず、頻繁に遠出するわけでもなく、パワーにも拘らないためガソリン車に落ち着きました。チョイ乗りばかりだと煤が溜まるとかいう話も聞きましたので・・・。その分、オプションにお金をかけようかなーと思っての選択です。

なお、カラーはマシーングレープレミアムメタリック(通称マシグレ)です。シックな感じが気に入って決めました!このカラーは追加料金(55,000円)かかるのが痛かったですけどね。。。

スマートエディション

ちなみにこのグレード名称の最後についているスマートエディションというのは、最低限のグレードにお得に安全装備がついたグレードになります。

・アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
・交通標識認識システム(TSR)
・アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
・レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
・360°ビュー・モニター

これが非常に私に必要なものだけが入ったジャストフィットなグレードでした。一つ上のグレードにプロアクティブというグレードがあるのですが、最低限のグレードから20万もプラスになってしまいますが、スマートエディションは4万円ほどのプラスですむんです。2020年6月からの新しいグレードですが、人気がでると思います。

タフスポーツエディション

スタイリッシュなイメージのCX-5にアウトドア感を出すアクセサリーパッケージになります。キャンプ好きの私には外せないアクセサリーです!

中身は、前後のガーニッシュとルーフレール、オールウェザーマットとゲッジトレイのセットです。特に最後の防水マットはキャンプに行く私には欠かせないものでした。また、将来的には大きい荷物を運ぶことも想定しルーフレールも必要と考えていたので、ちょうどいいセットでした。

その他のオプション

その他のオプションはこちらです。

・運転席パワーシート、ドライビングポジションメモリー
・運転席、助手席ヒーター
・ステアリングヒーター
・ナビSDカード
・アクリルバイザー
・ETC(セットアップ込み)

特に私が欲しかったのが、ドライビングポジションメモリーです。自動的に運転者のシートポジションを記憶してくれる機能で、鍵と連動してその人のポジションにシート動かしてくれるんです。ただ、セットで絶対にヒーターがついてくるんでお高い(7万くらい)ですけどね。

ちなみに購入した際に、マツダ100周年のマグカップとコースターをもらえました!

総額おいくらか・・・

オプション込みの値引きなし乗り出し価格は約330万円でした。私が購入したのが5月、ちょうどコロナの関係で車業界は全然売れない厳しい状況だったそうで、だいぶ値引きをしてもらい、約300万円(▲30万円)で購入しました。

ちなみに最後まで悩んだのがトヨタのRAV4でした。トヨタと競われせることで値引きをしてもらえたのかなと思います。

まとめ

いかがでしたか?大きな出費でしたが、かなり満足しています!これからちょくちょくブログでも紹介したいと思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク