【OD缶変換】コールマンのノーススター2500をCB缶で運用してみた!

先日、コールマンのノーススター2500というガスランタンを紹介しました。しかし、このランタンはOD缶という種類の値段がするガス缶を使うため、コストがかかってします・・・。そこで今回は安いCB缶での運用を試してみたいと思います!

コールマンのノーススター2500がこの値段で明るすぎる!(おすすめガスランタン)
今回は新購入のガスランタンのご紹介です。購入したのは・・・ コールマン ノーススター2500 コールマンといえば、ランタ...

スポンサーリンク

ColemanのNORTHSTAR2500にガス缶変換アダプターを使ってみる(CB缶からOD缶に変換)

ODとCB缶って?

アウトドアで使用するガス管は2つに分かれます。

OD缶:火力が強く寒冷地でも使用できますが、コストが高い。写真の大きく緑色の缶です。250gの安いものでも500円ほどします。

CB缶:コンビニでも調達できる気軽さがあり、250gで100円から売られています。写真の右側のものです。デメリットとして、アウトドア用品はOD缶対応のものが多いので非対応の場合が多いということです。

CB缶→OD缶 変換アダプター(プラグ)

やはりコストの差は大きく5倍も違うというのは私的にはキツい。。。OD缶の方がアウトドアの雰囲気が出て好きなのですが、貧乏キャンパーが消耗品に毎回金をかけてられません。

そんな悩みを抱えていたところ、CB缶をOD缶に変換するアダプターがあるのをグーグルに教えてもらいました。それが写真のものなんですが、お値段も1,000円を切リマス。果たして使えるのでしょうか??

CB缶に装着してみる

難なく装着できました。押し込んで軽く回すだけです。

ノーススター2500に装着してみる

こちらも押し込んで回して装着するだけでした。途中、ガスがプシューといって漏れる音がして焦りましたが、一瞬だけで最後まで回せばガス漏れもなくしっかりと装着しているように思います。

スポンサーリンク

点火できるのか・・・?

点火も問題なし!火力もOD缶も変わらず、しかも共鳴音がOD缶の時はなっていたのですが、なぜかCB缶ではならず。なぜかは不明ですが嬉しい誤算です!

ただ、ダサくありません?細いCB缶に装着してるのがダサいのか、CB缶のデザインがダサいのかわかりませんが。。。

ダサさを改善してみる!CB缶カバーを購入

そのダサさを改善するため、CB缶のカバーを購入してみました!ノーススターの緑色と色を合わせてみました!

装着!

どうでしょう・・・?ちょっとはマシになってません?まぁ、DO缶を使うのが一番かっこいいのに変わりはありませんが。

ちなみにCB缶の使い心地は?

とりあえず一日使ってみました。火力は中盤くらいで4〜5時間点けっぱでいましたが、半分くらい残っていました。なので一晩50円くらいと考えるとだいぶ安いんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?今回の変換アダプターは公式で推奨されているものではないので、自己責任となります。ただ、今まで10回ほど使用しましたが、今の所問題は起きていません。皆様のご参考になれば!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク