【No.7】ワインエキスパート受験記〜フランス語の読み方・発音の基礎を覚える〜

絶賛、フランスの分野で苦戦中しております。その中で私を苦しめているのが、フランス語の独特な発音・読み方。カタカナ読みとアルファベット表記が頭の中で一致しておらず、記憶できないんだと思います。

そこで今回はフランスの読み方の独特な発音(読み方)ルールを、自分の勉強用にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

【No.7】ワインエキスパート受験記〜フランス語の読み方・発音の基礎を覚える〜

ソムリエ、ワインエキスパート用のフランスの発音

私の覚え方ですので、正確性に欠けます。ご勘弁を!

・語語尾の「」は発音せず、どちらかと言えば「ウ」に近い発音

→Montagne de Remis(モンターニュ・・ランス)
※「é」の時はしっかり「」発音する

・子音の接尾語は発音しない(ことが多い)

→Cote de Blancs(コート・ド・ブラン
※Balzac(バルザッ)のような例外もあり(特に「c」)

・「h」は発音しない(場所問わず)
・「au」は「オ」と発音

Haut-Médoc(オー・メドック)

・「oi」は「ォワ」と発音

Oiry(オワリ)、Loire(ロール)

・「eau」は「」と発音(auと同様にオ)

→Bordeaux(ボルドー

・「ou」は「」と発音

→Beaujolais Nouveau」(ボジョレ・ヴォ)

・「ch」は「sh」の発音
母音に挟まれたs」は「z」で発音

→Cote Chalonnaise(コート・シャロネー

・「ainunemin」は「アン」と発音

→Chambertin(シャンベルタン

・「ai」は「」と発音

→Musucadet-Sévre et Maine(ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ)

・「gn」は「ニャ行」で発音

→Corton Charlemagne(コルトン・シャルルマーニュ

・「u」は「」で発音

→Rully(リリー)

・「qu」は「k」で発音

Quincy(ンシー)

・「ilill」 は「イュ」と発音

→Pouilly-Loche(プイイ・ロッシェ)

まとめ

いかがでしたか?これだけ覚えれば、試験で出る単語は大丈夫かと思います。今回のは私の解釈なので、正確には違う発音だったりすると思いますが、とりあえず試験対策としてはこれで十分かと思っています!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク