【No.13】ワインエキスパート受験記〜二次試験用にワイン購入〜

さて、一次試験が終わってはや1週間。二次試験対策に勤しんでおります。さて、今回は二次試験対策として購入したワインについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【No.13】ワインエキスパート受験記〜二次試験用にワイン購入〜

二次試験対策として

エキスパートの二次試験では、

赤2種類
白2種類
その他お酒(リキュール、泡盛等)1種類

となっています。その他お酒は正直捨てようかと思っています。点数配分も低いですし。また、以前出されたワインの情報も出回っていますので、出題数が多いワインを中心にテイスティングしていきたいと思います!
また、あまり高いワインは出ないようです(まぁ、試験用に大量に用意してたらお金足りないですもんね)。とはいえ、安すぎると品種や産地の特徴を捕えることが難しいため2,000円弱〜4,000円強のワインを中心に出題されるそうなので、そこらへんを購入します。

なお、今回は近所のソムリエがいるワインショップにアドバイスをもらいながらチョイスしました!

赤ワイン編

過去の試験で圧倒的に出やすいのが、

・カベルネ・ソーヴィニョン
・シラー(シラーズ)
・ピノ・ノワール

となっています。赤はこの3種類を中心にテイスティングしていきたいと思います。

マックマニス・ファミリー ピノノワール


原産国:アメリカ
品種:ピノ・ノワール
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.5%
お値段:1,720円

正直、店員さんの言われるがまま購入。値段も手頃でした。

シャトー・スミス カベルネ・ソーヴィニョン

原産国:アメリカ
品種:カベルネ・ソーヴィニョン
ヴィンテージ:2016
アルコール度数:14.5%
お値段:2,480円

ワシントン州のカベルネ。奇抜なデザインですが、味はしっかりとしているとのことでした!

クローズ エルミタージュ パピヨン


原産国:フランス(ローヌ)
品種:シラー
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.8%
お値段:3,090円

今回、一番高かったワイン。なんでもソムリエの田崎氏が絶賛したワインだそう。楽しみです!

白ワイン編

過去の試験で圧倒的に出やすいのが、

・シャルドネ
・リースリング
・ソーヴィニョン・ブラン

となっています。白はこの3種類を中心にテイスティングしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドメーヌ ミッシェル トマ サンセール シレックス


原産国:フランス(ロワール)
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.5%
お値段:2,480円

白では一番高かったワイン。ロワールのソーヴィニョンとか一次試験で勉強したなーとか思いながら購入しました。

カーヴ ド リュニー ブルゴーニュ シャルドネ


原産国:フランス(ブルゴーニュ)
品種:シャルドネ
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13%
お値段:1,690円

シャルドネは多様性があるので、数飲まないととアドバイスを受けました。とりあえずフランスのものを購入。

ウィマーラ リースリング ローガン・ワインズ


原産国:オーストラリア
品種:リースリング
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:11.5%
お値段:1,520円

とりあえず、お金が厳しかったので安いオーストラリアのリースリングを希望。

まとめ

いかがでしたか?消費税込みで14,018円。小瓶法などを駆使して10日間でテイスティングしようかと思ってます。ああ、、、わかってはいましたがお金かかりますね。しかも練習だと飲まないでペッと捨てる感じなんです。勿体無いので一発合格目指します!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. megumi より:

    品種を当てる試験なんですか?そんなの分かるもんなんですか 頑張ってください。
    あ、私はアルバイトの者ですよ どうも。
    相談があったのにタイミングが掴めず、最後の日はお休みだったので結局できず まだまだ暑いですが、お仕事頑張ってください‍♀️

    • chanma より:

      megumi 様
      二次試験は品種だけじゃなくて、外観や香り、味の特徴、産地や生産年を答えます。ただ、選択肢があってそこから選ぶ形にはなるんですけどね。あと1ヶ月、頑張ります!