アウトドア

AOクーラー24とコールマンのエクストリームクーラー28の保冷力を比較してみた!

この度、4年共にしたクーラーボックスから新たなクーラーバッグに変えることを決意しました!新しく購入したのは、

AOクーラー 24パック

今回は、本商品の紹介とい今まで使っていたコールマンのエクストリームクーラー28との比較を紹介したいと思います!

AOクーラー24とcolemanのエクストリームクーラーの保冷力比較!

aoクーラー購入

AOクーラーは色々なサイズやカラーのものが販売されていますが、私が購入したのは24リットルサイズ、サンドトープのカラーです。
まずは、基本情報です。

サイズ: 幅43×高さ30×奥行25cm
重量 : 1,360g
容量 : 23L
材質 : ナイロン、ポリエチレン、ポリエステル、熱可塑性ポリウレタン 、ポリウレタン

保証書とステッカーもついていました。私は2人でキャンプすることが多いので24のサイズを購入しました。

なお、購入した主な理由は車の積載です。今までのハードタイプだとちょっと積載がきつかったのですが、ソフトクーラーは多少押し込んだりしても車に収まる、無理が効くと思い購入しました。

ペットボトルも入ります!

2リットルのペットボトルもちょっとボコっと上が膨れますが、全然入ります。この少し融通が効く点がソフトクーラーのいいところですね。
もちろん横におけば余裕で入ります。

その他の細かい仕様

スペースはそこまで広くないですがが、前方に軽い収納がついてます。また、横のバッグルを外せばかなり背の高いもの入ります。

今回はこいつと比較していくぜ!

ここからは、元相棒のコールマンのエクストリームクーラーとの比較をしていきます。少しAOクーラーよりも大きいです。

●本体サイズ:約46×33×40(h)cm
●容量:約26L
●重量:約3kg
●材質:ポリエチレン、ポリプロピレン、スチール、発泡ウレタン、他

車の積載さへクリアできれば、このクーラーは見た目も保冷力も満足してるんですけどね。なお、サブのクーラーとしてこれからも使うつもりです。

比較していく!

比較方法は、それぞれのクーラーボックス(バッグ)に、

・ロゴスの氷点下パックL
・スタンレーのタンブラー
・タンブラーに氷

をいっぱい入れ、24時間後の残量を確認する方法で検証したいと思います。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥1,380 (2022/08/08 08:23:37時点 Amazon調べ-詳細)

12時間後

まずは中間発表です。あまり変わらないように見えますが、ちょっとエクストリームクーラーの方が残っている気がします。

24時間後

最終結果(24時間後)です。
ほとんど変わりませんが、少しエクストリームクーラーの方が気持ち残っている感じもします。

まあ、ほとんど変わらないのであれば、AOクーラーを購入して正解という感じです!実際の使い勝手は変わらず、車の積載問題も解決です!

キャンプ場で使ってみる!

見た目もいいですね〜。サイトに映える感じで所有欲を満たしてくれます!

まとめ

いかがでしたか?ハードクーラーに負けない保冷力かつ、映えるデザイン性。少し高いですが、軽いですしちょっとしたピクニックや運動会等にも使えます。また、内装は裏返して洗えるので、毎回クリーンな状態で使用できます。購入して満足です!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で

-アウトドア