高級ボジョレーヌーボを飲み比べしてみた(ヴィラージュ)

遅くなりましたが、今年のボジョレーをいただきました。今年はワンランク上のヴィラージュのボジョレーを手に入れたので、スーパーのボジョレーと比較し案がら飲んでみたいと思います!

スポンサーリンク

高級ボジョレーヌーヴォーを飲み比べしてみた(ヴィラージュ)

ボジョレーヌーボって?

ボジョレーワインは、フランスのボジョレー地方で造られるだけでは名乗れません。品種に縛りがあり、赤ワインであれば、”ガメイ種”しか使えません。一部地方を除き、ピノ・ノワールを配合することも可能ですが、ほとんどガメイ種オンリーです。これは原産地呼称統制(AOC)で厳格に決まられており、品質に統一感をもたらしています。

なお、11月の第3木曜日に解禁され、ニュースにも毎年なりますね。詳しく知りたい方は過去記事をご覧ください。

【11月第3木曜日解禁】ボジョレー・ヌーボーってどんなワイン?
この時期になると、日本ではこんな話題をよく聞きませんか? 今年のボジョレーの出来栄えはどうなんだ? ニュースでも色々取り...

高級ボジョレーはこちら!(ヴィラージュ)

今回はボジョレーの中でも、決められた村でしか造れないものを

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー

といいます。当然高いのですが、そこまで高級品というわけでもなく、私は5,500円で購入しました。なお、一般的なボジョレーよりも深みや飲みごたえがあると言われています。

ラベルを見てみる

ちなみにキャップ部分はロウで固められています。毎回、綺麗に取れないのであまりロウキャップは好きでない私。綺麗に取る方法があるんでしょうかね。

比較するのはこちら(安物)

適当に近所のスーパーで購入したボジョレーで比較します。安物と言っても千円台後半でした。毎年私が飲んでいるのはこちらのタイプです。

比較していく!

さぁ、二つを比較していきます!

安物ボジョレー

これぞ、ボジョレーって感じです。

華やかな感じで、ゴクゴクいける軽さ、フレッシュ感が特徴です。飲む前から漂う果実の香りがいいですね。

高級ボジョレー(ヴィラージュ)

なるほど・・・。

ボジョレー特有のフレッシュさは残しつつも、そこに適度な重さが加わっています。自分が想定していたよりは、ボジョレー感が強かったですね、もっと重みが入ってるのかなーとは思いましたが、それではボジョレーの良さが消えてしまいますもんね。

ワインの色は濃いめで、キャンティー感や野苺の風味が強い感じです。

感想

軽さで、手軽に飲めるという意味では通常のボジョレーです。フレッシュさ、華やかさでは、通常のボジョレーの方があります。

ただ、やっぱりじっくり楽しむにはヴィラージュですね。バランスの取れたワインという感じです。値段もそこまで高級というわけでもなく手頃な値段ですし、来年も買いたいですね。

まとめ

いかがでしたか?例年、11月いっぱいはボジョレーの売れ残りがあったりするので、まだ飲んでない方はヴィラージュも飲んでみてください。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク