【No.15】ワインエキスパート受験記〜最後の追い込み〜

ワインエキスパート二次試験の試験直前となってきました。年明け2月頃から勉強を初めて8ヶ月が経過しましたが、やっと受験生活にも終わりをつげます。面白かったですが、やっぱり仕事をしながらだと辛い部分もあるわけで・・・。どうせなら一発で受かりたいものです。

さて、今回は二次対策に追い込みで追加購入したワインを紹介します!

スポンサーリンク

【No.15】ワインエキスパート受験記〜最後の追い込み〜

ピエール・イヴ・コラン・モレ


原産国:フランス(ブルゴーニュ)
品種:シャルドネ
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:12.5%
お値段:3,800円

お店で飲んで素晴らしく美味しく、苦手な”シャルドネっぽさ”を感じることができたので購入。なお、キャップシールの代わりにロウで固められており、ナイフで削り取る形で開封します。珍しいですよね。

ドメーヌ・アルベール・マン


原産国:フランス(アルザス)
品種:リースリング
ヴィンテージ:2016
アルコール度数:12.0%
お値段:2,480円

リースリングはオーストラリアのでした練習していなかったので、フランスのものを追加購入。リースリング特有の”石油香”を自分では掴んでいるつもりなので、それを復習するつもりで購入しました。

ドメーヌ ジンク


原産国:フランス(アルザス)
品種:ケヴュルツトラミネル
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.5%
お値段:2,430円

ケヴュルツトラミネルを軽くお店でしか飲んだことがなかったので購入。既に練習しましたが、ライン感そごく感じる特徴的なワインですね。出る確率は高くないものの、出題された場合は確実に正解できるようにしたいと思います。

ヤンガラ エステート ヴィンヤード


原産国:オーストラリア
品種:シラーズ
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.0%
お値段:3,130円

シラーは練習してるのですが、シラーズが練習できてなかったので購入。シラーとシラーズでは過去の出題回数はシラーズの方が多いので先にこちらで練習しておいた方がよかったのかもしれません。まぁ、共通の特徴が多いので大丈夫でしょう。

マックマニス・ファミリー


原産国:アメリカ(カリフォルニア)
品種:カベルネ・ソーヴィニョン
ヴィンテージ:2017
アルコール度数:13.5%
お値段:1,720円

ピノ・ノワールに続きカベルネも購入。値段も手頃でアメリカの特徴を捉えているいいワインだそうです。カベルネは本数を飲んできたんですが、在庫がないのと最後仕上げという意味で購入しました。

まとめ

いかがでしたか?一次試験が終わって40日。もう1ヶ月くらいあればもっと掴めたと思うんですけどねー。。。まぁ、自分の準備不足なのでしかたないです。二次試験は私が住んいる都道府県では開催がないので、前日入りして万全の状態で挑みたいと思います。吉報を届けれるよう頑張ってきます!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク