モンベルのマルチフォールディングテーブルワイドとL.W.を徹底比較!(ボードの使い勝手も)

以前、モンベルのマルチフォールディングテーブルワイドL.Wを紹介しました。

モンベルのL.W.マルチフォールディングテーブルワイドが秀逸すぎる!
おしゃれなキャンプテーブルを探してはや3年。なかなかいいテーブルがないなーと思っていたところ、モンベルで私の好みのテーブルがあったの...

あまりにも気に入ったので、同じくモンベルから発売されているマルチフォールディングテーブルワイド(通常盤)も購入しましたので、L.Wと比較してみたいと思います!

スポンサーリンク

montbellのマルチフォールディングテーブルワイドとL.W.を徹底比較!(評価・レビュー)

商品紹介

中身は基本的にL.Wと変わらず、天板と足と天板を支える支柱となっています。それぞれのスペックを確認します。

◯マルチフォールディングテーブルワイド

【素材】フレーム:アルミニウム合金、スチール
    天板:メラミン樹脂、グラスファイバー、ポリプロピレン
【耐荷重】約30kg
【重量】4.33kg(4.49kg)
※( )内はスタッフバッグを含む重量です。
【カラー】オーク(OAK)
【サイズ】高さ67(Hi)・54(Low)・39(Za)×幅112.5×奥行き70cm
【収納サイズ】高さ19×幅18×奥行き70cm

◯L.W.マルチフォールディングテーブルワイド

【素材】フレーム:アルミニウム合金、スチール
    天板:PVCターポリン
荷重】約20kg
【重量】3.40㎏(3.56㎏)
※()内はスタッフバッグを含む重量です。
【カラー】ブルーブラック(BLBK)
【サイズ】高さ67・54・39×幅113.5×奥行き70.5cm
【収納サイズ】高さ16×幅17×奥行き70cm

二つの商品の違いは天板にあります。木目調のシックな天板とスポーティーで軽量な天板の違いです。その違いから、重量や耐荷重が変わってきます。重さは約0.9kg違います。といっても通常版も4.5kgを切るのでそこまで重いわけではないんですけどね。

組み立ててみる!

早速、今回購入した通常版を組み立てていきます!L.Wで何回も組み立てているので、こなれたものです。やはりかっこいいですね!

組み立て方は前回も紹介しているので、そちらや公式のYouTubeをご覧ください!

天板にはリバーシブル機能が!

天板はリバーシブル仕様になっています。

細かな違い

最初の写真が通常版、2枚目の写真がL.Wとなっています。
L.Wは支柱部分に黒いゴムのようなものが入ってますが、通常版にはありません。その結果、通常版の方が装着が容易でした。L.Wは慣れればすんなりハマるのですが、最初は苦労しました。

最初の写真が通常版、2枚目の写真がL.Wとなっています。
天板の設置について、支柱に天板を広げて差し込む方式になっており、L.Wはパチっとはめ込む方式となっています。

サブアイテム(ボード)の相性は?

今回荷物置きとなるサブボードも購入しました!サブボードは木目調の一択なので、L.Wとは見た目の相性はイマイチかもしれません。

高さと相性あり

本テーブルは高さを3段階調整可能ですが、一番下だと物が置けませんね。2段階目か3段階目で使わなければなりません。私はいつも2段階目で使うので問題なしです!

こんな感じで、スキレットや小物を置くように使っています。

設置イメージ

サイトでの設置イメージです。どちらも見た目はいい感じかと思います!

まとめ

いかがでしたか?個人的に、見た目はどちらも気に入ってるのですが、L.Wはビニール天板なので、どうしても細長いコップなどを置いた時に不安定になります(倒れそうになる)。ただ、L.Wすごく軽いし、収納の幅は取らない利点もあります。まとめると、どちらもいい商品です!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク