【No.19】ワインエキスパート受験記〜2万円のバッジが届いた件〜

ワインエキスパートに合格して1ヶ月半。2万円を払って購入したバッジがと認定証がやっと手元に届いたのでご報告したいと思います!

スポンサーリンク

【No.19】ワインエキスパート受験記〜2万円のバッジが届いた件〜

レターパックでご到着

届いたのは11月30日。レターパックで届きました。

内容物を確認

入っていたのは認定証とバッジとカードと案内紙。一つ一つ見ていきましょう。

バッジ

ケースに入っており、私は外しましたが登録番号のシールが貼られていました。なお、バッジの裏にも隠していますが登録番号が印字されてます。これはメルカリやヤフオク等でバッジが売買されていることに対する対策なんでしょう。

なお、バッジの仕組みはタイタック式となっています。

認定証

こちらが認定証です。ソムリエ協会の田崎会長の印刷サインと共に協会のハンコが押されてます。よくショップではこれが額縁に入れられて店舗で飾られていますね。

資格認定カード

資格認定カードなるものもいただけました。これはワインエキスパートの資格者を証明する者だそうです。使うことはなさそうです(笑)

マグネット式は5,000円

案内神は両面になっており、表側は住所変更や上位資格の案内、裏側はバッジの売買(転売)等に関するお知らせとなっています。

ここで注目すべきは、表側のバッジの仕様変更のお知らせ。今年、マグネット式からタイタック式に変更があったそうです。なんでもマグネット式への変更も可能とのことですが、5,000円必要とのことです。。。高い。。。マグネット式の方が良かったな・・・。

雑誌も届いてました〜

ちなみにバッジが届く少し前にソムリエ協会の機関紙が届きました!なんでもお試し版で送っていただけたみたいです。入会すれば奇数月に届くそうです。内容も面白かったので、会員になるのも検討してみましょうかね〜。

まとめ

いかがでしたか?これ(バッジ、認定証、カード)で2万円を高いと見るのかどうか。。。でもエキスパートの資格習得者はほとんど払ってそうですよね(笑)。やっぱり証が欲しいですものね〜。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク