【No.5】ワインエキスパート受験記〜問題集はワイン受験.comに決定!?〜

さてさて、勉強始めてはや2ヶ月。今回は、古いテキストを一通り読みきった私が問題集に手を出す回となります。

スポンサーリンク

【No.5】ワインエキスパート受験記?問題集はワイン受験.comに決定!?

問題集選考

前回もお話した通り、私は問題集を解きながら勉強を進めていくスタイルなので問題集を入手する必要がありました。杉山 明日香先生の「受験のプロに教わる ソムリエ試験対策問題集」の評判がいいらしいのですが、最新の2019版の発売予定は5月。。。

そこで私が考える策としては

・お金を奮発して現在発売中の2018年版を購入
・中古の2018年版を購入(なかなかいい値段のが無い・・・)
・2019年版まで待つ

・ワイン受験.comさんの問題集で勉強

です。4つめの策はワインエキスパートを目指す人なら誰しも見たことのあるであろう、ワイン受験のインターネットサイトの問題集です。

ワイン受験.comの問題集とは?

ワインスクール講師 山崎和夫氏が運営するワイン受験のためのサイトで、エキスパート試験のための様々な情報が掲載されています。特に問題集は有名で、もちろん有料ですが日々アップデートされるネット問題集の強みがあります。

改定もバッチリ!

今年の改定のスケジュールとしては、

第1改定:2018年の問題の改定
第2改定:2019年の教本内容の改定
第3改定:本試験も傾向から改定

となっています。この改定のフットワークの軽さがポイントですね。

お値段は・・・?

お値段は5,184円。申し込みから1年間利用可能です。もし試験に落ちても来年の春先まで使えます(笑)。

高いか安いか・・・。本の問題集が3,000円くらいしますので、そこまで高いとも言えないような、2,000円の差は大きいような・・・。でも最新の傾向を掴めるということで購入を決意しました!

使い心地は・・・?

正直、やはり問題集を解きながら勉強する方が頭に入ります。これは、ワイン受験.comでなくても、他の問題でも一緒だったんでしょうが。

あと、解説がないのでどうかなと思っていましたが、これは問題なさそう。結局参考書片手に勉強するので参考書に解説がありますし、自分で参考書に記入もしながら勉強するので逆に頭に入ってきます。

改定の効果を知るのはこれからですね。

まとめ

いかがでしたか?とりあえず問題集はこれ1本で大丈夫そうです。3月より試験の受付が始まったので、応募しないといけません。次回はその様子をお届けしたいと思います。色々迷うポイントがあるんです・・・。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク