キャプテンスタッグのスマートグリルV型が1〜2人用にちょうどいい!(UG-48)

新しい焚き火台(BBQグリル)を購入しました!今回はキャプテンスタッグのスマートグリルV型というもの。今持っているキャプテンスタッグのカマドは小さすぎる、コールマンのファイアーディスクは大きすぎるのでちょうどいいサイズのもの探していました!これはベストサイズだったので紹介したいと思います!

【ソロBBQ!】キャプテンスタッグのカマドが便利すぎる!(おすすめコンロ)
今回はマイブームであるアウトドア、BBQ商品をご紹介! ワイン関係ないって?いやいや、BBQと言えばワイン、ワインと言えばBB...
【デカさは正義?!】コールマン ファイアーディスクプラスの焚き火がダイナミックすぎる!
寒い季節のキャンプには焚き火が必須ですよね。しかし最近では直火禁止のところが増えてきており、焚き火台を用意しないといけないキャンプ場...

スポンサーリンク

【おすすめ焚き火台】キャプテンスタッグのスマートグリルV型が用(ソロ用)

商品スペック

■組立サイズ(約):幅350×奥行260×高さ280mm
■収納サイズ(約):幅470×奥行350×厚さ40mm(バッグ収納時)
■網サイズ(約):320×255mm
■重量(約):2kg
■セット内容/本体×1、ロストル×1、ロックフレーム×1、ゴトク×1、アミ×1、収納バッグ×1:
■材質/本体:ステンレス鋼、脚:鉄(焼付塗装)、ロックフレーム・ゴトク・アミ・ロストル:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル:

サイズは大と小の2種類あって、今回紹介するのが大の方。小だとカマドとサイズはさほど変わらないので大を購入しました。

開封!

開封しました。中身は、

・本体
・ロストル
・フレーム
・網
・ゴトク
・収納袋

と盛りだくさんの内容。これで5,000円くらいだったのでかなりお得ですよね。ちなみに本家というか同じような形のユーコという商品が販売されていますが、ここまで付属品はついてませんし、値段も高いです。ただ、あっちはあっちでカッコいいんですよね〜。

組み立てていきます

それでは早速組み立てていきたいと思います!

本体を立てます

まずは本体です。足の部分をクロスして広げるだけ。自動的にサイドも広がります。

フレームをセットします

次に本体にフレームをセットします。これで本体を安定させるとともに、これからつける付属品を引っ掛ける部分にもなります。

ロストルをセットします

次にロストルをおきます。これ箱の裏側の説明書きにはこういうセットの仕方になってましたが、逆向きにセットした方が風が通っていい感じになりました。写真は正規の方法とセットしてます。

網をセットする

フレームに引っ掛ける形でセットします。

ゴトクをセットする

ゴトクを利用する場合もフレームに引っ掛ける形です。横幅の半分弱と、ちょうど調理にいいサイズ感です。

スポンサーリンク

BBQをしてみる

まずはBBQをします。サイズ感的には2〜4人でちょうどいい感じです。2人だと半分を焼き用、もう半分を保温用に分けれます。4人ならフルで使う感じですね。

焚き火をしてみる

焚き火は割と大きめの薪もオッケーです。はみ出ますけどね。焚き火は1〜2人用って感じだと思います。

動画でも

落ち着きますね〜。

調理もできます!

当然、ゴトクもついてるので調理もできます。この日はBBQした後だったので、コーヒー用にお湯を沸かしました。このゴトクが本当に便利です。

夜もいい感じの雰囲気

夜の様子です。いい雰囲気が出てると思います。2枚目の写真を見てほしいんですが、大きめの薪も使うことができます。はみでますけどね。

動画でもどーぞ

ちょっと薪が大きすぎました。

収納袋がちょうどいい!

光で見にくい写真となっていますが、トングを入れても楽々収納できる袋がついているのが本当に助かります。

まとめ

いかがでしたか?これだけの機能がついて5,000円は本当に安いと思います。レビューを見ていると、頑丈な作りになっており、雑に使ってもかなり長期的に使うことができるみたいです。夫婦2人でのキャンプなど、ミドルサイズの焚き火台をお探しの方にはピッタリかと思います。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク