【徹底比較!】スノーピークのソリッドステークと村の鍛冶屋のエリッゼステークを比べてみました!

キャンプのペグといえば、以下の2つが有名です。

スノーピーク ソリッドステーク

村の鍛冶屋 エリッゼステーク

今回は両者の違いを徹底比較したいと思います!

スポンサーリンク

【オススメペグ】スノーピークのソリッドステークと村の鍛冶屋のエリッゼステークを比べてみました!

ソリッドステークって?


ソリッドステークは言わずとも知れた有名キャンプメーカー、スノーピークのペグです。動画でも紹介されているように、

・工程-1 スチール55C鋼材を高熱処理
・工程-2 ハンマープレスで叩く
・工程-3 トリミング工程
・工程-4 黒電着塗装

の工程を経て丁寧に作られます。サイズは20cmから50cmまで10cm単位で全4種類が展開されており、カラーはブラックの1種類となっています。

エリッゼステークって?

こちらは、村の鍛冶屋というスノーピークほど大きくないキャンプメーカーの商品となっています。しかし、製造工程は同じように丁寧に作られています。詳しくは過去記事で紹介しているのでご覧ください。ソリッドステークもエリッゼステークも鍛造という製法で作られています。素材もスチール55C鋼材という同じものを使っています。

【おすすめペグ】鍛造ペグ エリッゼステークが最強すぎる件(村の鍛冶屋)
キャンプの必需道具であるペグ。テントやタープを地面に打ち付けるものですが、テント等の付属ペグだとなかなか硬い地面や石が多い場所では刺...

なお、サイズは18cmから48cmまで10cm単位で全4種類が展開されており、ソリッドステークよりも2cm短くなっている以外は同じです。カラーは非常に豊富で、限定色を抜きにしても8色以上はあります。

徹底比較!

さて、細かい違いをみていきましょ!今回は私が持っている30cm(ソリッドステーク)と28cm(エリッゼ)で比較していきたいと思います!

先端の形状は??

上がエリッゼ、下がソリッドとなっています。形状的には細い部分(尖っている部分)がエリッゼの方が長くなっています。また、写真には写っていませんが、エリッゼは楕円、ソリッドは円形に近い楕円形となっています。

楕円形で尖っている部分が長い方(エリッゼ)が、硬い地面でもグイグイ刺さりそうなイメージですが、断面積はエリッゼの方が大きい感じです(正式な断面積のデータはなく目視のイメージですが)。これによる個人の感触の違いは最後に述べたいと思います。

ペグ本体部分は??

先ほど言ったようにエリッゼは楕円形なので、こう並べるとエリッゼの方が大きく見えます。最終的な重量としても

エリッゼステーク 185g
ソリッドステーク 180g

の差があります。まぁ、5gですけどね。

スポンサーリンク

頂点部分は??

この写真だけスノーピークが上、エリッゼが下になってます。すいません!

みてわかるように、ペグ抜きやロープを引っ掛ける返しはスノーピークの方が長くなっています。ただ、そこまでの違いはないですけどね。

肝心の価格はどうなんだい!!

続いて価格の比較をしたいと思います。どちらも公式ショップの価格の比較です。ソリッドステークは6本セットで2,480円(税別)となっており、5本セットで1,650円(税別)となっています。1本だと・・・

ソリッドステーク 413円/1本

エリッゼステーク 330円/1本

となっており、83円の差があります。数が必要なペグなので、この差をどう考えるかですね。

ぶっちゃけて使い心地はどうか語ってみます

最後に、実際に使ってみてどうかという私個人の感想を述べたいと思います。

どっちも完璧なペグで差は感じない!

と本末転倒な感想となってしまいました。同じ材質、製法で作られているので、まぁ大きな差はないんですよ。どちらも硬い画面でもグイグイ刺さりますし、風が強い日でも抜けたことはありません。見た目や価格、ブランドの好みの違いはあるものの、単純な性能としての体感できる差はありませんでした。

まとめ

いかがでしたか?ソリッドステークは見た目がカッコいいですし、エリッゼのカラーステークは目立つので子供が引っかかるのを防止できます。ただ、両者共に基本的な性能に大きな差はないので、好きなブランド、価格等で決めていいんじゃないかと思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク