【VSトランギア】Esbit(エスビット) アルコールバーナーが楽しすぎる!

新たなキャンプ用品のギアを手に入れました!今回購入したのはエスビットのアルコールバーナー。アルコールバーナーとは、その名の通りアルコールを燃料に使う軽量コンロで、簡単な作りなので、様々なメーカーから販売されているだけでなく、自作で作られている方も多くいます。

今回は本商品の性能や他メーカーとの違いについて紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

【ESAB300BR0】Esbit(エスビット) アルコールストーブが楽しすぎる!

商品到着!

amazonで購入し、次の日に到着。お値段は1,800円弱でした。説明紙にそのまま商品も包装された状態で届きました。

基本情報

それでは商品の基本情報を紹介します。

・サイズ:収納時・高さ46mm×直径74mm
・本体重さ:92g
・燃料:70cc
・素材:真鍮

細部の紹介

細部について紹介したいと思います。

このエスビットのアルコールバーナーの特徴は、火力の調整蓋になります。どのメーカーの商品も蓋をずらすことで火力を調整するのですが、エスビットはつまみが付いているので調整が容易なんです。

また、上部には複数の小さな穴が空いております、この穴がしっかり燃えるためには重要だそうです(よくわかっていない笑)。

燃料が必要です!

さて、室内では危ないので外で使ってみましょう!

その前に燃料が必要です。薬局で500円くらいで売ってるアルコールを購入。燃料用というのを買うといいですよ。

着火!

さて、燃料も入れたし着火!

あれ・・・・?火ついてる???

これ、明るくて見えないですけどしっかりついてるんです。手をかざすとしっかり熱いんですよ。でもこれじゃブログ映えしないですよね(笑)。まぁ、ちゃんと使えるか調べてみましょう!

スポンサーリンク

ちゃんと使えるのか・・・?

ということで、炊飯とお湯を沸かしてみます。私の相棒、キャプテンスタッグのカマドを使ってやっていきます。

お湯は簡単に沸きました。はたして炊飯は・・・?

しっかり炊飯OK!

炊飯もオッケーです!これ、手軽でいいですね!

夜を待つ・・・

でもせっかくだから火を見たい!ってことで夜を待ちました。

いいですね〜

いいじゃないですか〜。やっぱり火を見ると落ち着きます。料理にオッケーですし、地味に暖かくもあります。

蓋で火力調整も可能!

エスビットの特徴であるつまみで火力を調整してみましたが・・・

正直微妙

というのも、蓋をずらしても火力が弱くなっているか微妙ということと、蓋が外れやすい(外れたら再度付けれない)。ネットで調べると調整蓋が外れて二度と付けれなくなった方や、外れないように自分で加工している人もいましたね。

また、燃料を入れて持ち運ぶと溢れていたという報告もあります。これは他のメーカーでもありますが、私のものは運よく漏れなかったです。ここらへんは運ですかね。

まとめ

いかがでしたか?蓋の微妙さはあるものの、火力や価格は言うことなしかと思います。ただ、あまりつまみにそこまでに魅力はないので、トランギアやソロストーブのアルコールバーナーでもいい気がします(笑)。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク