【地球に優しいエコなBBQグリル?!】CasusGrillでステーキ焼いてみた!(天然素材)

私の中での大ヒット商品であるダイソーのインスタントコンロ

【火力パネェ!】ダイソーのインスタントコンロでバーベキューしてみた!
最近、ちまたで話題になっている商品があると聞きつけました。それは、、、 ダイソー インスタントコンロ たった300円でお...

インスタントグリルは手頃でいいですよね!そんな私に「エコなインスタントグリル」なるものがあるという情報が飛び込んでまいりました。それはレビューしないといけないですね!今回は”CasusGrill”という商品紹介します!

スポンサーリンク




【インスタントBBQグリル?!】カサスグリルでステーキ焼いてみた!

CasusGrillとは?

この商品の原料は、竹炭、火山石、竹、そしてFSC認定(持続可能な木材の生産と流通を認証する国際機関)のダンボールと全て天然素材でできたインスタントグリルなんです!5分で着火、燃焼時間は1時間と天然素材ながら標準的なインスタントグリルの燃焼力を持ってるんです!

開封・組み立て

なんと網の代わりに竹を使います。焼けないか心配になります・・・。あと竹串との間に隙間わりとありますが大丈夫でしょうか?

まぁそこは置いといて、最初に組み立てをしていきます。ダンボールを組み立ててコンロを組み立てた台座に起きます。そして竹串をさしてあるダンボールを持ち上げて、ダンボールにコンロ本体のツメに差し込んで完成。説明書もあるので簡単に組み立て自体はできます(私は5分くらいかかりましたが笑)。

忘れずに下にオボンを設置

ダイソーのインスタントコンロではベランダの床が溶けるというアクシンデントに見舞われました・・・。そんな悪夢を繰り返さないように今回はダイソーで購入したオボンを用意。対策は万全です!

炭に着火していく!

4隅に着火していきます。5分で全体に行き渡ると書いてましたが、私の場合だいたい8〜9分くらいで全体が白くなって準備完了!1時間の燃焼時間なので残り50分。急いで焼いていきます!

スポンサーリンク

まずはステーキで!

最初はステーキからいきます!思いのほか火力が強くて、すぐに焼けました!結構最初からフルパワーになる点はインスタントグリルとしてはいいですね!ダイソーコンロより早いです!

ステーキは塩胡椒で簡単に調理して赤ワインでいただきます!う〜ん・・・最高!外で食べる肉とワインは完璧です!安物の肉とワインなんですけど3割り増しに感じます!

普通のお肉や野菜だっていけますよ

竹串に隙間があるので置き方に工夫は入りますが、普通にお肉や野菜だって焼けますよ!大きさ的に置けるのは写真が限界。ただ、端の方もわりと火力があるので(中央には劣りますが)結構な食材を焼くことができます!ただ、1時間きっちりで火力は終わります。私の場合は1時間がすぎると明らかに火力が落ちましたので時間との勝負ですかね。1〜2人が限界かと思います。

悪夢・・・やはり落ちてしまったか・・・

気をつけてはいたものの、やっぱり竹串から具材が落ちてしまいます(笑)。私の場合、お肉と人参が落ちてしまいました・・・。とはいえ炭を綺麗に払って食べましたけど、気になる方には難しいグリルかもしれません!

終わった後は・・・

エコなグリルってことなので焼くとどうなるかな〜と思って焼いてみました。その結果・・・

火山石が焼け残るので無理!

という結果でした。まぁそりゃそうですよね。全て廃になるのかと思ったんですが、緩衝材として熱に強い火山石が入っているのですから焼くのは難しかったです。

まとめ

いかがでしたか?心配していた「竹串が焼けるのでは」という心配は無用でした。特別な竹なんでしょうかね?竹串がもうちょっと短い間隔であるともっといいんでしょうけど・・・これ以上高くなるのもあれですしね。

とはいえ地球に優しいというコンセプト自体は応援したいので、皆さま一度お試ししてみては?

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク