アイリスオーヤマの18本収容ワインセラーがコスパ最強だと思う!(PWC-502P・レビュー)

先日、アイリスオーヤマの初心者おすすめの8本収納のワインセラーをご紹介しました!

アイリスオーヤマのワインセラーが初心者コスパ最強だと思う!(PWC-251P-B・レビュー)
最近、ワインセラーを購入しました!初めて購入するセラー、またはサブ用のセラーにぴったりのスペック、価格の アイリスオーヤマ ...

実はあのセラーはサブ用のセラーでして、メインのワインセラーを別に購入しました!それは同じくアイリスオーヤマの18本収容可能で、2種類の温度管理ができるPWC-502Pというモデルを購入しましたのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

アイリスオーヤマおすすめワインセラー!(PWC-502P・レビュー)

商品到着

本モデルは18本収容なので、8本収容モデルと異なりかなり大きいです。同じくペルチェ式となり、2万円を切るリーズナブルなモデルとなります。

なお、ペルチェ式の他、電気代が安い(その代わり購入価格が高い)コンプレッサー式や、アンモニア熱吸収方式がありますが、詳しく知りたい方は過去の記事で紹介しているのでご覧ください。

【家庭用(小型)】ワインセラーを選ぶ際の7つのポイント(おすすめ紹介)
ワインを好きになると欲しくなるのがワインセラー。安い時にまとめ買いしたり、ヴィンテージものは寝かしたりと、すぐには飲まないものの保管した...

開封〜スペック紹介〜

まずはスペックをご覧ください!

やはり前回したモデルとの大きな違いは温度が2種類設定できることになります。上段は8〜18度で基本白か泡を収容し、下段は12〜18度で赤を収容することになります。

中を見てみる

一列3本×6列となっています。白用の上段は6本、赤用の下段は12本収容可能です。

ワインを入れてみる

こんな感じでオーソドックスなボトルであれば問題なく収納できます。

ボタンをいじってみる

温度管理は上下ボタンを同時押しすれば設定ロックが解除されるので、上下ボタンで好きな温度に設定します。設定切り替えボタンで上段下段を切り替えます。

また、照明ボタンも上下ボタン同時押ししてロックを解除してからじゃないと反応しません。まぁ、そんな使わないので問題はありません。また、数分で自動的に消灯になります。

スパークリングのボトルは大丈夫?

続いて、スパークリングボトルを試してみます。それぞれ8.5cm、8.9センチくらいのボトルを用意しました。

実際にセラーに入れてみる

8.5cmは一番上でないと入りません。2段目は厳しいですね。

アルパカボトル(8.9cm)は厳しい・・・

8.9cmは上段でも厳しいです。

仕切りを外せばOK!

仕切りを外せば入ります。上に重ねれば5本は楽に収納可能です。

本商品のレビュー・評価

さて、使って1ヶ月程度(5月〜6月)ですが、今のところ不満はありません。上段の設定温度を10度、下段の設定温度を17度にしていますが、しっかりと設定を守ってくれています。音は白の設定温度が低いので多少ファンの音などが聞こえますが、寝室に置かなければ気になるものでもありません。

とはいえ、使って間もないのでネットで口コミを調べてみました!

・14度以下だとファンが常に回っているので寝室は厳しい
・室温が低いときは設定温度を14度にしても、10~11度にしかならない

正直悪いレビューはあまり見つけれませんでした。
また、このセラーは加温機能はついてないので、冬場は17度までは上がらないそうですが、夏場をしのげればワインの劣化は防げるので私としては問題なしです!

まとめ

いかがでしたか?!基本的な作りは8本収納モデルと変わらないので、評価、レビューも一緒ですね。ただ、白も赤も保管したい人にはこの2段モデルがいいですね。コスパもいいので、初心者から中級者まで使えるモデルかと思います。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク