【炭の火起こし!】キャプテンスタッグ炭焼き名人が秀逸!(収納袋はダイソーで!)

キャンプにおいて、初心者が最初につまずくのは炭の火起こしではないでしょうか。私もキャンプを始めて1年以上たちましたが、古い炭や安い炭だと火がつかず苦労する日があります。そんな時は仲間や家族の目が痛く刺さりますよね、、、

そんな苦労から解放されるアイテムを本日は紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【火おこし器】CAPTAIN STAGFD火起こし器(折りたたみ)(収納袋は100円均一)

商品紹介

今回紹介するのはキャプテンスタッグの「炭焼き名人 FD火起こし器」。基本的なスペックはこちら

組み立てサイズ: (約)18.5×19×20.5cm
収納サイズ: (約)15×20.5×5.5cm
重量: (約)1kg
材質: 本体/鉄(めっき)、目皿・ハンドル/鉄(クロムメッキ)

この商品、炭を入れて火を付けるだけで簡単に炭がいい感じできるというもの。数ある商品の中で私が購入したポイントが折りたたみができてちょうどいいサイズであること。

本商品も2サイズあるのですが、私は小さい方を購入しました。大きかったらかさばるし邪魔になりますからね。それに炭は最初に火起こしができたら、後は足していくだけでいいので、小さくても十分かと思ったので小さい方を選択しました。なお、価格はamazonで1,300円程度です。

開封!

中身はこれだけ。説明書は箱に印字されてます。本体と受け皿だけとなっています。

組み立てていきます!

さて、組み立てていきます!まずは、本体を広げます。

超簡単!

本体の中に受け皿を引っ掛けるツメがあるので、受け皿を本体に入れるとツメに引っかかります。はい、これで組み立ては完成、超簡単でしょ?

取っ手が便利!

当たり前かもしれませんが裏には取っ手がついており、これが非常に便利。これなしでは熱々で持てませんからね。

火起こししていきます!

さぁ、火を起こしていきます。

・最初に着火剤など燃えやすいものを入れます
・炭を投入します(ちょっと空気の通り道があるといい)

これで準備はOK。本体の下部には空気の通り穴が空いており、これがこの火起こし器のポイントとなります。

着火

さて準備は完了なので、火をつけていきます。着火剤にライターなどで火をつけて後は放置でOKです!

着火直後

最初は着火剤から勢いよく火が上がります。この火起こし器は下部から空気を取り込み、煙突効果で空気を効率よく循環させて短時間で火を起こす仕組みとなってます。

スポンサーリンク

5分後

5分後はこんな感じ。だいぶと火の勢いが出てきてます。これは、着火剤というよりも、炭自体がしっかりと燃えています。ただ、この状態でバーベキュー台に置くとすぐに消えてしまう可能性があるので炭が白くなるまで待ちます。

10分後

10分たつと火も安定して、しっかりと白くなって火が作れてますね。この状態だと移しても大丈夫だと思います!

炭完成!

台に移しました。完全に出来上がってます!10分あれば火起こしできますね。この煙突効果は焚き火台やストーブ等にも使われている火起こしの技術なんですが、本当に素晴らしいですね。

収納袋はダイソーで!

本商品はキャプテンスタッグには珍しく収納袋がついていません。そのため、ダイソーで良さげなビニールネットケースを購入してきました。収納時のサイズが15×20.5×5.5cmなので、A5で大丈夫かと思い購入・・・・ギリギリを攻めました。

入らない・・・

はい、失敗しました。縦に、横は入るのですが高さが足りず、チャックがしまりません。あーもう一度ダイソー行ってきます。

大きいサイズを購入

続いて、B5サイズのケースを購入しました。2枚目の写真でA5と比べていますが、2周りくらい大きいです。これならいけるでしょ。

無事収納できました!

入りました、だいぶ余裕で。まぁ。キツキツよりはいいでしょう。余った部分は折りたためばいいですしね。このケースがビニールなので多少の汚れも洗い落とせますし、安いので使い倒せる感じです。

まとめ

いかがでしたか?火起こしはつかない時は本当につきません。せっかくキャンプ場について、火起こしに30分〜1時間もかけたくないですよね?本商品はコンパクトですし、安い(1,500円でお釣りがきます)ので、あって困らない商品だと思いますよ!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク