簡単!燻製ローストビーフを作ってみた!(おすすめレシピ!)

最近、ちまたでローストビーフって流行ってません?手軽でカロリーも控えめで美味しくて、ワインに合う・・・そりゃ人気でますよね!しかし、今回私はそこに

燻製

というワンランク上の調理法を施すことにより、最上級のローストビーフを作ってみたいと思います!

スポンサーリンク

【肉!肉!肉!】燻製ローストビーフを作ってみた!(赤ワインとの相性◎)

材料

今回、用意した材料はこちら!

【燻製肉用】
・牛モモ・・・400g
・黒胡椒・・・適当
・粗塩(マジックソルト)・・・適当
・オリーブオイル・・・適当
・ニンニク・・・一片

【ソース(タレ)】
・ビネガーソース・・・大さじ2杯
・からし・・・適当
・おろしニンニク・・・適当
・醤油・・・大さじ1杯
・塩・・・小さじ2分の1杯

もも肉が売ってなければ肩でもいいです。和牛の方が美味しいですけど、高いのと海外産でも十分美味しいので、米国産をチョイス!

作り方

肉に下味をつける!

まずは、お肉に黒胡椒と粗塩を適当にすり込みます。ここで、本格的にするならサランラップに巻いて冷蔵庫で数日寝かすのですが、今回はすぐに食べたいので寝かせません。早速焼いていきます!

フライパンで焼く!

フライパンにオリーブオイルとスライスニンニクを入れて熱します。色づき始めたら肉の塊を投入してください!この時、強火でお願いします。肉汁を閉じ込めるためにしっかりと焼き色をつけます。全ての面を焼き上げてください!中まで火は通さなくてOK!

燻製する!

以前紹介した簡単燻製器で燻製していきます!おしゃれな見た目でしょ?これだいぶ重宝してます!家の中でもベランダでも使えて便利ですよ!

【UFO?!】燻製器ソト(SOTO) いぶし処 スモークポット
これはUFOではありません!燻製器です! 自宅でワインを飲む際のおつまみって色々ありますが、最近私がはまっているのは”燻製したおつ...

桜のチップを適当に1〜2掴みくらい入れたら肉を置きます。その後、蓋をして100度で20分燻製します。
しかし、ここで失敗してしまいます。目を離した隙に120度くらいになってしまってました(笑)これはやってしまいましたね。。。。

スポンサーリンク

う〜ん・・・見た目は美味しいそうです。まぁいいとしましょう!

冷やす!

常温で30分くらい冷ました後、サランラップで包んで冷蔵庫で冷やします。本当は3時間くらい冷やした方がいいらしいですけど、面倒くさいので1時間半冷やしました。

待ってる間にソースを作る!

材料に記載してある材料を混ぜるだけの簡単ソースです。ビネガーソースベースですが、わさびと醤油がアクセントになってます!

切ってみる!

さぁ、冷やした燻製ローストビーフを切ってみます!

ああ!中まで火が通ってる・・・・

まぁ、100度のところを120度で結構な時間燻製したのでしょうがないっちゃしょうがないですね。予定では中はもうちょっと赤みがかってるはずだったんですけどね。燻製したら中まで火が通りやすいのもあるのでしかたないとしましょう!これでも多分美味しいはず!

食べてみる!

見た目はちょっとチャーシューっぽくなりましたけど、美味しそうっちゃ美味しそうですよね!さぁ食べてみましょう!

うまい!!!燻製香がいい!

見た目は納得いかなかったですが、味は最高ですね!和牛と違い、若干パサつきますが十分美味しいです!また、燻製香とビネガーベースの酸っぱいソースが結構マッチします!後で試しましたが、ポン酢との相性もいいですよ!燻製の匂いっていいですよね〜。肉系全般とマッチする気がします。赤ワインとのすごくマッチしますし大好きです!

まとめ

いかがでしたか?燻製っていいですね。作ってる最中も楽しいですし、安い素材を高級な素材に生まれえてくれます。これからもちょくちょく燻製おつまみシリーズを紹介していきたいと思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク