【寝袋・シェラフ】コールマンのパフォーマーⅢ/C5が快適すぎる件について(おすすめ)

キャンプデビューして初の秋、そして冬を迎えようとしています。さすがに、着込んでタオルケットだけでは厳しい時期となってきました。そこでちゃんとした寝袋しようと購入した商品がこちら

コールマン パフォーマーⅢ/C5

今回はこの商品のレビューをしていきたいと思います!

スポンサーリンク




【スリーピングバッグ】ColemanのパフォーマーⅢ/C5が快適すぎる件について(レビュー)

開封の儀

私が購入したこの商品は2018年に発売された新商品。まずは基本的な性能についてご紹介。

快適温度:5[度]以上, 使用下限温度:0[度]
使用時サイズ:約80× 190cm, 収納時サイズ:約[ファイ]24×41cm
重量:約1.4kg, 材質:表地=ポリエステル 裏地=ポリエステル 中綿=ポリエステル

私が選んだポイントは以下のような感じです。

・九州住みなので快適温度5℃で十分
・真冬(12〜2月)には多分キャンプに行かない
・寝る時に動き回るタイプなのでマミー型でなく封筒型
・丸洗いが可能
・デザインがおしゃれ
・安心のコールマンというブランド力
・ケース付き
・なんといっても安い

定価は¥4,946(税込)でamazonや楽天での実売価格は3,000〜3,500円とすごく安い商品です。マミー型(封筒型よりも体に密着して保温力が高い型。)と悩みましたが動き回るので、より汎用性が高い封筒型をチョイスしました。

広げてみる

広げてみるとこんな感じ。見た目はいたって普通の寝袋ですが、私が持っている超安物(謎ブランド)の寝袋に比べると本体の分厚さが全然違います。中綿の量が全然違うんでしょうね。

また、二つ買ってチャックで結合すると2人入る大きな寝袋にもなるそうです。

スポンサーリンク

キャンプで使ってみる!

さっそくキャンプに出かけてきましたよ!

最初の写真は164cmの私が入った様子。余裕ですっぽり入ります。縦は190cmあるので足にはだいぶと余裕があります。昼なので暖かさはよくわかりません。

2枚目の写真はチャックを全部外して布団のように使った時の様子。夏場は暑いのでこのような使い方もできそうですね。

二晩使った感想

10月長崎のとあるキャンプ場で使ってきました。夜になるとだいぶ寒くて焚き火の近くにいないとちょっと寒くてしんどい感じで最低気温は16℃くらいでした。二晩使った様子をレポートします。

・最初は寒いかなと思ったが、だんだん暖かくなってくる
・10分くらいたつと非常に温くなり寒さ感じない
・暑がりの人ならむしろ暑いくらい(私は寒がり)
・中は広く窮屈さは感じなかった
・快適に睡眠がとれ全然起きなかった

とベリーグッドな使い心地。真冬だとわかりませんが、10℃以上なら全然いけそうですね。まぁ、商品自体5℃が快適気温で0℃が限界気温ですしね。

たたみ方講座

たたみ方はこの動画を参考にしました。
前の型になるので全く同じ商品ではないですが、たたみ方は一緒でした。ただ、収納袋が改良されていたのか動画と異なり余裕で収納できました。日々、コールマン商品も改良されているんですね。

まとめ

いかがでしたか?私的にはかなり満足いった商品です!真冬のキャンプには厳しいでしょうが、3シーズン(春、夏、秋)は余裕だと思います。他の方のレビューによると九州などのそこまで冬場寒くない地域なら真冬もいけるそうです。私も自身で試してみたいと思います。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク