【Solo Stoveの模造品?】Motomoのウッドストーブがいい感じ!(改良も)

キャンプ醍醐味と言えばキャンプファイヤーですよね!炎を見ながらワインを見るのがマイブームなんです!こらから冬の季節だと暖をとる意味でも必要ですよね!

そこで今回はソロ用のウッドストーブを紹介したいと思います!

スポンサーリンク




【Solo Stoveの模造品?】おすすめウッドストーブMotomoがいい感じ!(100円ショップ・ダイソー)

購入!二重構造で二次燃焼が起きる?!

私が購入したのは、Motomoのソロ用ウッドストーブ。本家の「Solo Stove」を真似た中国の商品です。でも、amazonで評価が高く安かった(2,000円ちょっと)ので購入!

二重構造になっていて、底の通気口から取り込まれた空気が一次燃焼をおこし、暖められた空気が二重壁の間を上昇して2次燃焼をおこすという効率的な燃焼構造を作り出すウッドストーブです。ちなみにこれを二次燃焼というそうです。

ケース付きでコンパクトに収納できるのでツーリング用にも使えそうですね。

外で使ってみる!

どうです!結構な火力でしょ?
これ、割とすぐに高火力まで持っていけるんです。最初に小さな枝多めで火を作って、大きめの気を入れればOK!あとは、木を足していくだけです!

炭クズは下に落ちるので、下に落ちたらよくない場合は何か敷きましょう。私はダイソーのお盆を敷いています。

調理だってできます!

もちろん調理だって可能です!
ソロ用にしては大きめのウッドストーブなので安定性が結構あります。フライパン、ハンゴウ、ヤカン、鍋を駆使し朝食などを作ってみました!

我ながら味も美味しい。。。

私のクッカーはamazonタイムセールで2,500円で購入したもの。コンパクトに収納できておすすめです!ソロ用にしたら大きいんですけどね。ハンゴウはキャプテンスタッグ の丸型を使ってるんですが、4合まで炊けて丸型なので安定性もあって1,300円程とコスパにも優れていますよ〜。

炭火も使えます!

炭火もいけます!
構造的にすぐに炭もいい感じになります。ただ、焼くスペースが小さいのでソロ専用ですかね。ギリギリ2人までかな。

スポンサーリンク

網は100円均一で購入したもの。カマドの改良用で購入していたものなので経費は0。

ダイソーグッズでキャプテンスタッグのカマドを改良してみた!
先日、当ブログで紹介したキャプテンスタッグのソロBBQ・焚き火セットのカマド。 使ってみて改良したい点(焼き上げた具材...

そそられませんか?

いい感じですね。しいたけがうまい・・・。
炭は二次燃焼の効果なのか、BBQコンロよりもよく燃焼してる気がします。

【改良編】45分くらいで火力が・・・

ここで重大な問題を発表します。
なんと、木のカスが詰まって空気の循環が悪くなるため、長くて45分程度しか持ちません。。。(炭火であればもうちょっと長く持ちますが)これは由々しき事態です。。。必死にググって改善策を探します!

ダイソーが活躍!

調べてみると、網を設置して空気の通り道を作れば改善されるとのこと。早速私の味方、ダイソーに向かいます。

購入したのは、カス揚げ

しかし取っ手が邪魔です。ただし、取っ手が邪魔なのでこれを取らなければなりません。でも、いいのか悪いのかこれを取るのはすごく簡単で逆方向に強引に曲げると簡単に取れます。こんな脆くてダイソーいいのかとも思いますが・・・。

改良完成!

なにはともあれ完成です!なんと、なんとジャストサイズです!

再度焚火を開始したら燃焼時間が伸びました!でも、1時間ちょいがやはり限界ですね。あとは木のクズ一回どけないと火力がイマイチです。

本家ソロストーブ(Solo Stove)との比較!


ではここで本家のソロストーブと比較してみましょう!

まずはサイズ(使用時)です。
Motomo:約13.5×18.5cm
Solo Stove:約10.8cm×約14.5cm
こちらはMotomoがワンサイズ大きいので調理などはしやすいでしょう。持ち運びを考えるとソロストーブも悪くはありません。

続いてお値段です。平成30年9月時点
Motomo:2,119円
Solo Stove:8,640円
こちらは大きく差があり、Motomoがかなり安いです。私もソロストーブが欲しかったのですが、値段に負けてMotomoを購入した一人です。

ここまで比較するとMotomoに軍配が上がるのですが、最大の違いが一つあるのです・・・

受け皿の構造が違う

それは受け皿です。左の写真はMotomoダイソーのカス揚げを設置した写真、右はソロストーブの写真となります。

そう、ソロストーブは網になっており木のカスが詰まって空気を遮断することがないんです。構造自体は両者とも二重構造で二次燃焼を生じさせるものとなっていますが、持続性という点で大きな違いがあるんです。

値段をとるか、利便性をとるか・・・。大きな悩みどころですね。。。

まとめ

いかがでしたか?悪い点も披露しましたが、間違いなくいい商品ですよ!二次燃焼ってのは本当にすごいです。持続力はイマイチですが、その都度木カスを捨てれば問題ないです。ただ、ソロストーブの利便性と所有欲を満たしてくれる魅力も捨てがたい。皆さんはどちら派?

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク