【シャンパンとの違い?】スパークリングワインの基本講座!(ブリュット?)

シャンパンとスパークリングワインの違いって?カヴァってなに?ブリュットってよく書かれているけどなに?

こんな疑問あるかと思います。今回はスパークリングワインの基本について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク




【カヴァ?スプマンテ?】スパークリングワインの基本講座!(各国の名称)

スパークリングワインって?

スパークリングワインは、発泡性のあるワインの総称です。赤、白ワインも製造過程で炭酸ガスが発生し溶け込んでいますが少量のため、スパークリングのように開栓して気泡が立ってきません。スパークリングは、発酵で発生した炭酸ガスを発酵し終わる前に瓶に詰めることにより、瓶内で発酵ガスを継続させガスを多く溶けこませています。なお、人工的に二酸化炭素を注入したものもあります。
なお、一般的に3気圧以上のワインを発泡性ワインそれ以下のワインを弱発泡性ワインといいます。

(各国の弱発泡性ワインの名称)

国名 名称
フランス ペティャン
イタリア フリッツァンテ
ドイツ ペルルヴァイン(パールヴァイン)
スペイン ヴィノ デ アグハ

シャンパンとスパークリングワインの違い

簡単に言うと、シャンパンはスパークリングの中の一つの種類です。
シャンパンと名乗るには、主に以下の条件があります。

・フランスのシャンパーニュ地方で造られて居ること
・瓶内二時発酵方式で造られていること
・その他、フランスのワインの法律を満たしていること

となります。そのため、シャンパンはフランスのシャンパーニュ産以外はありえません。また、品種もシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエに限られています。たまに単一品種のシャンパンもありますが、多くがミックスされています。

様々な発酵方式

そもそも、さらっと瓶内二時発酵といいましたが、どのようなワインの発酵方式があるか整理します。

トラディショナル方式
(瓶内二次発酵方式)
シャンパーニュ方式とも呼ばれ、最初の発酵に続き、2度目の発酵を瓶内でさせる製法。シャンパーニュ地方で確立された最も本格的な醸造法。
シャルマ方式
(タンク内二次発酵方式)
密閉したタンク内で2度目の発酵をさせる製法。ぶどうのアロマを残したい場合に向く。また低コストでの生産が可能。
トランスファー方式 瓶内二次発酵させたワインを加圧下のタンクに移し、冷却、濾過してから再度瓶に詰める製法。
リュラル方式
(田舎方式)
発酵途上の泡立っている醪(果汁とワインの中間の状態)を瓶に入れて密封し、残りの発酵を瓶内で継続される製法。
炭酸ガス注入方式 瓶に入ったワインに炭酸ガスを吹き込む方式。

表中にも記載してあるように、シャンパンで用いられているトラディショナル方式が最も本格的な製法になります。しかし、前述の通り、同じ製法で作ってもシャンパンとは名乗れません。牛肉でいる松坂牛みたいなもんですね。

スポンサーリンク

各国のシャンパーニュ方式のワイン

各国でもシャンパンと同じシャンパーニュ方式で造られているワインがあるので、これも整理しましょう。

フランス クレマン(シャンパーニュ地方以外)
スペイン カヴァ
イタリア フランチャコルタ
ドイツ ゼクト

これらは、シャンパンほど高くないのでリーズナブルに本格的なスパークリングを楽しめるワインとして人気です。特に、カヴァ(CAVA)は日本にも多く入ってきており、非常にリーズナブルな価格で出回っています。

その他の、各国のスパークリングワインの名称

その他にも、各国で様々なスパークリングワインの名称があるので、これも整理したいと思います!

フランス ヴァンムスー
スペイン エスプモーソ
イタリア スプマンテ
ドイツ シャウムヴァイン

その他にも、

アスティ:イタリアのピエモンテ地域で造られる甘口のスパークリングワイン
ドイチャーゼクト:ドイツ国内のブドウを使ってドイツ内で製造したゼクト
プロセッコ:イタリアのヴェネト州とフリウリ・ヴェネツィア・ジュリーリア州でのみで生産され、プロセッコ種という葡萄だけを用いて作ったスパークリングワイン

といった名称があります。スパークリングワインを見ると、結構こういった名称が記載されているので、どういった産地か、シャンパーニュ方式かといった見分けがつきます!

ブリュットとは

よくスパークリングに記載されているブリュットとは・・・

甘辛度の表示の一つ

です。この分類はフランスで規定されており、甘辛度は、ドサージュ(出荷前にリキュールを加える作業)の量によって決まり、以下のように規定されています。

Extra Brut エクストラ・ブリュット 極辛口
ドサージュ 0~6g/l
Brut ブリュット
Natural ナチュラル
辛口。
ドサージュ 6~15g/l
Extra sec エクストラ・セック
Extra dry エクストラ・ドライ
半辛口
ドサージュ 12~20g/l
Sec セック
Dry ドライ
半甘口
ドサージュ 17~35g/l
Demi sec ドゥミ・セック
Half dry ハーフ・ドライ
甘口
ドサージュ 33~50g/l
Doux ドゥ
Sweet スイート
甘口
ドサージュ 50g/l~

まとめ

いかがでしたか?最後に子ネタとして、スパークリングは複数年のワインをブレンドしているため製造年が記載されていないノン・ヴィンテージ場合がほとんどです。NVってよく記載されているかと思います。たまにヴィンテージのものもありますが、それは高級品になります。ってことで、最後の子ネタでした!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク