【絶品!】燻製ベーコンを作ってみた!(お手軽・簡単!)

燻製シリーズ第3弾!今回はワインにあうベーコンを作ります!ちょっと下ごしらえが必要ですが、難しいことは何もなく簡単なので是非ご覧ください!

スポンサーリンク




【おすすめ】燻製ベーコンを作ってみた!(作り方)

材料

用意するのはこちら

・豚肉バラ
・塩
・水
・黒胡椒
・三角糖
・しょうが
・にんにく
・酒(ウイスキー、ワイン、日本酒など)
・ハーブ

最低限必要なものは豚バラと塩だけです。その他はなくてもなんとかなります。あと、はちみつとか入れても美味しいですよ!

作り方

下準備

まずはソミュール液を作ります。豚肉以外の調味料を入れるんですが、重要なのは水と塩です。

肉1キロ当たり、塩は100〜150kg、水は1リットル

なので、肉の大きさによって変えてください。その他の材料の分量はいつも適当です(笑)。鍋に入れてちょっと温めるか、ポットのお湯を入れて軽く混ぜます。これで完成ですので、ちょっと冷ましておいてください。

続いて肉ですが、フォークで穴を開けて置けばいい感じに塩が馴染みますのでやっておきましょう! 

その後、ジッパーに肉とソミュール液を入れて冷蔵庫で保存します。そして、

4日〜1週間冷やします

さらに、毎日表裏をひっくり返しておけば、もっといい感じに馴染みます。

塩抜き

4日〜1週間後、ジッパーから肉を取り出してください。だいぶ色が薄くなってますね!
塩抜きの方法は色々ありますが、

・2時間ほど流水しておく
・鍋に肉と水を入れて30分くらいごとに水を6回くらい入れ替える

ここらへんが私がよく使う方法です。

風乾(乾かす)

まずは、キッチンペーパーなどで表面の水を拭き取ります。その後、風通しのいい日陰で干物用のネットを使ってやるのがいいんですが・・・干物用のネットを無くしてしまいました・・・ので、ザルで代用(笑)。4、5時間くらいで完成です。早くしたい場合は、扇風機などを使いましょう!
※この作業をしないと、酸味がついて燻製がうまくつきません!

温乾

ここで準備はほぼ完成ですが、仕上げの準備です!
燻製機で、木材チップを入れずに熱だけ入れて肉乾かします。60〜70度で15分ほど熱します。
※下のアルミホイルは肉の油受けです

スポンサーリンク

燻製

使うのはいつものこの燻製機!UFOみたいにおしゃれでいいでしょ?乾かしてたら夜になってしまいました。写真が暗くてすいません!

【UFO?!】燻製器ソト(SOTO) いぶし処 スモークポット
これはUFOではありません!燻製器です! 自宅でワインを飲む際のおつまみって色々ありますが、最近私がはまっているのは”燻製したおつ...

アルミホイルに木材チップを入れ、上から滴れてくる肉の油がかからないようにさらにアルミホイルを被せます。

さて、やっと燻製です!ここから2時間、60〜70度をキープします。ちょくちょく温度管理をしましょう!私は、ちょっと目を話したスキに85度まで上がってしまいました(笑)

燻製完了〜冷やす

おお!いい感じの色ですね!
ここから、燻製の香りを落ち着かせるために、一晩冷蔵庫で寝かせます。ジッパーに入れてやることをオススメします!(冷蔵庫が燻製臭くなるので・・・)

完成

完成です!見た目は完璧です!
断面はどうでしょうか?断面も完璧です!写真では伝わらないかと思いますが燻製香も完璧です!

実食

ロゼワインも用意し、準備は完璧!食べます・・・
う〜ん、いつもながらにうまい!まぁ、ベーコンはこの工程をして入れば間違いようがありません!今回は、温度管理をちょっと失敗したので心配したんですが大丈夫でしたね!

まとめ

いかがでしたか?最近、本当に思うんですが燻製すれば、だいたいのものが美味しくなると思うんですよね〜。肉もそうですが、魚、卵、チーズと安物でも良いものに変身させてくれます!手間はちょっとかかりますが、その手間も楽しいので燻製はやめれないです。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク