【動画あり】オープナーがない時のワインの開け方は?(コルク)

ワインを飲む前にはまずは、コルクを抜かないといけませんよね!でも、ありません?

ワインはあるのに、オープナーがない時

今回は、身の回りにあるもので代用して開ける方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

【ライフハック】栓抜きがない時のコルクの抜き方は?(ソムリエナイフ)

靴を使って開ける


靴を使って開ける方法です。
靴にワインを入れて、壁などに打ち付ける方法です。これは圧力の関係でコルクが抜けるのですが、正直靴である必要はなく、壁などにぶつける緩衝材になるものがあればいいので、タオルとかでもOKです!でも、靴なら絶対にどこでもありますし、緩衝材としてもちょうどいい感じらしいです。ちなみに靴なしだと、瓶が割れてしまうのでご注意を!

鍵を使って開ける


ちょっとリスクのある鍵を使った方法です。
鍵をぶっさして、回しながら引っこ抜く方法ですが、力が必要ですし、場合によっては鍵が曲がってしまうかもしれません。とはいえ、鍵であればほとんどの場合手元にあるかと思いますので、強度がありそうな鍵をお持ちなら試す価値はありそう(笑)

ナイフを使って開ける


鍵と原理は一緒ですね。
ナイフをぶっさして、回しながら引っこ抜く方法ですが、鍵に比べて力は必要はありませんが怪我のリスクがありますね。動画は屈強な外人の方が簡単に開けてますが、私には難しそうです!

スポンサーリンク

釘を使って開ける


次は釘を使った方法です。
釘をさして、釘抜きかフォークで開ける方法です。まっすぐの釘じゃなくて、フック状の釘ならフォークも必要ありませんよ〜。この方法は有名な方法で、すごく簡単なのでおすすめです!

火で炙って開ける


ちょっと非現実的な方法です。
バーナーがあるなら、オープナーくらいあるかと思います(笑)。原理としては、ボトル内の空気を膨張させて開けてるのだと思いますが、ちょっと大がかりですね(笑)。個人的には一番やる可能性がないかもしれません。

棒で押し込む(最終手段)


最終手段です(笑)
これは、見たまんまで棒状のもの(スプーンや鍵とかでも)でコルクを押し込むだけです。ただ、コルクが瓶の中に入ってしまうので若干不衛生ですね。できれば、この方法は避けたいところです!

ワイン瓶からコルクを取り出す方法


ポリ紐を使った取り方をご紹介。
最初、液表面に浮かんでいる小さな破片を取り除いたら、ポリ紐をほぐして細かくします。その後、ボトルの中に入れてコルクを絡ませるようにして引き上げる方法です。ちょっとコツが入りそうですね。

ボトルの中にワインが入っていないのであれば、ビニール袋を使った方法が簡単です。

まとめ

いかがでしたか?開ける原理がわかれば、結構なんでも開けれそうですね。靴が一番手軽で、見た目の派手さ的には私のお気に入りです!とはいえ、一番綺麗にロスなく開けれるのはオープナーなので、できるだけ準備しましょう(笑)

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク