【GINZA SIX】ギンザシックスのワインショップ・エノテカに行ってきた!

2017年4月20日、銀座の松坂屋跡地に、世界クラスのラグジュアリーブランドと注目グルメ店が集まった「ギンザシックス(GINZA SIX)」がオープンしました。

今回は、その中の店舗の一つであるワインショップ・エノテカが凄いと聞いたので、潜入調査してまいりました!

スポンサーリンク

【GINZA 6】銀座シックスのワインショップ・ENOTECAに行ってきた!

ギンザ シックス店の概要

エノテカ最大級の広さと1,600種類以上というエノテカ最大級の品揃え。ワインショップ、カフェ&バー、アートコーナー、ワインに合う食材、ワインセラーなど、ワインに関するあらゆるニーズに応えられる機能を備えたキングオブエノテカとのことです!

開業目玉商品

「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 2014 夢のビッグボトルセット」  500 万円(税別)

世界に 33 セットのみで日本ではこの限定 1 セットのみを販売。こんなセットあるんですね(笑)。しかし、500万円・・・売れるんでしょうか?

入り口

ギンザシックスの地下2階の一角にお店はあります。行った日は平日のお昼過ぎだったのですが人の数はすごい・・・。開業してまだ一ヶ月も経過していないですもんね。入り口の写真は奇跡的に人が少ない時に撮りました!

入り口にの右手には、大きいボトルのワインが並んでます。なんかテンションが高まります!ただ、売り場はみえませんね・・・?廊下みたいな通路を進みます。

廊下??

こんな感じの廊下が続きます。でもただの廊下じゃないんです・・・。

カフェ&バー

まず、廊下が始まってすぐにテイスティングカウンターがあります!帰りにちょっとよりたいと思います!ちなみに、カウンターバー7 席、ボックス・ソファ 21 席=計 28 席です。

美術品

美術品ではないんですが、ラベルの絵の説明がアートっぽく飾られています。世界初のムートン・ギャラリーだそうです。 世界的に著名なアーティストのリトグラフが展示されています。

ソムリエナイフ

なんか高そうなソムリエナイフも飾られてました。

やっと売り場へ

やっと着きました!廊下長かった(笑)
シックな感じがカッコいいですね!写真の奥にも売り場は続いているので、売り場自体も結構広いです!

コーナーがたくさん!

入って思ったのが、コーナーが色々用意されていて、選び安くなっていました。一部紹介します!

ロゼコーナー

まずは、ロゼコーナー。入口に設けられていて入口を華やかにしていました。母の日も近いのでちょうどいいですね。

3本1万円コーナー

これは、結構お得なセットワインです。写真が小さいのでわかりづらいですが、高いもので1本5,500円するワインが3本セットで1万円ポッキリ!

高級セットワイン

その他にも色々なセットワインがありました。一例は以下のとおり。

・5大シャトーセット:50万円
・ラトゥール3ヴィンテージセット:34万円

ここらへんは手が出ませんね・・・。

スポンサーリンク

その他にもいろいろ!

あとは、国別、地域別、シャンパン・スパークリングコーナー、日本産ワインコーナー、高級ワインコーナーなど色々あり、自分の好み、値段帯に合わせてワインを選びやすくなってました!

また、シニア・ソムリエを10人配置しているそうで、私が行った時も店員さんが色々教えてくれました。

超高級ワイン?!

でました!!!!!噂の500万円のワインボトルセット!
もはやオブジェですね。買い手がいるのかな〜と思っていると・・・

ご予約済

の文字が(笑)。世の中、私が知らない世界が色々あるようです。。。

ブルジョアコーナー?

奥に進むと、厳重に守られた部屋がありました。。。
おそらく、選ばれしブルジョアだけが入ることを許される高級ワインのみが並んでる一室です。

入っていいですか?

とは聞けませんでした。

カフェ&バーへ寄ってみる

先ほど紹介した、カフェ&バーへ寄って帰ることにしました!
グラスワインが500円、1,000円、1,500円から選べます!もちろん、各値段帯に赤、白、泡、ロゼが用意されています。ボトルワインもありますし、ビールやウイスキー、コーヒーなんかも用意されていました。また、店内で購入したワインの持ち込みも可能(1,000円※平日19時までは無料)だそうです。
食べ物もソーセージやオリーブ、チーズなど1,000円以下で楽しめます!お昼の時間帯はランチメニューも用意されてるようですよ!値段も800〜1,200円と良心的な設定!

ちなみに500円の赤とスパークリングをいただきました!貧乏・・・・。でも美味しかった!

まとめ

いかがでしたか?高級ワインに多めにスポットを当てた紹介になってしまいましたが、2000〜5000円の価格帯のワインが中心ですので、一般の方もウェルカムな感じですよ!生産者を招いてのテイスティングイベント、著名ソムリエらによるセミナー、異業種とのコラボイベントなど、様々な方々が楽しめる幅広いイベントも実施するそうなので、また行きたいと思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク