【女性が選んだワイン!】サクラアワード受賞低価格ワイン!


出典:サクラアワード

近年、ワインが好き女子が増えてきているんじゃないかと思っているこの頃ですが、そんな女性が審査員のワインコンクールが開催されました。その名も

サクラワインアワード2017

女性らしい素敵な名前ですね!そんなサクラアワードの受賞作品が発表されたので、多くの受賞作品の中でもコスパに優れるワインを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

サクラアワード(“SAKURA” Japan Women’s Wine Award)2017受賞低価格ワイン!

サクラアワードって?


出典:サクラアワード

今回が4回目の開催になるサクラアワード。国内では最大級のワインコンクールで、出品ワインは国内外問わず、年間1000本以上生産していればOK!
このアワードの特徴はなんといっても審査員が全員女性だということ。ソムリエ、ワイン醸造家、ワイン講師、ワインジャーナリスト、ワインインポーター・流通・ワインショップの担当者等ワインのスペシャリストが厳しい目で審査を行います。「日本人女性に合うワインの指標」として国内ワイン業界だけでなく、海外生産者にとっても注目度が高まっています。
なお、2017年は4212本ものエントリーがありました。

審査の様子


出典:サクラアワード

今年の審査会は1月28日から2月1日までの5日間で行われ、406人の審査員が37カ国のワイン審査しました。先入観をなくすためにブラインド・テイスティングで審査されます。このリストを見てほしいんですが、審査する方々もまたすごい。。。
このコンクールの審査員代表の田辺由美さん、女優の高橋ひとみさん、そのほかにも著名人からワイン関係の人々が集っています。

受賞作品

一番上位の受賞カテゴリーになる「ダイヤモンド・トロフィー」を受賞したのは44本。その中でも、コスパに優れる(希望小売価格帯1500円以下)ワインを紹介していきたいと思います。

(受賞結果はこちら

※リンクは受賞したワインとヴィンテージが異なる場合があります。

ALTA CHARDONNAY – TORRONTES

種類:白ワイン
原産国:アルゼンチン
ヴィンテージ:2016
生産者:ボデガス カリア
品種:ガルガネガ85%、ソーヴィニヨン・ブラン15%
参考価格:950円

標高630m、アンデスの尾根で産まれるグットバリューなアルゼンチンブレンド。シャルドネのアロマとトロピカルフルーツを想わせる清々しい果実味が特徴。引き締まった酸が心地よい。

AMATORE BIANCO

種類:白ワイン
原産国:イタリア
ヴィンテージ:2016
生産者:チェーロ エ テッラ
品種:シャルドネ70%、トロンテス30%
参考価格:1166円

ライムやハーブのアロマに新鮮な酸味と豊かな果実味があり、後口はスッキリ。

FALESCO BIANCO LAZIO

種類:白ワイン
原産国:イタリア
ヴィンテージ:2016
生産者:ファレスコ
品種:トレッビアーノ85%、ロシェット15%
参考価格:1036円

イタリア最優秀醸造家にも選ばれた天才醸造家[リッカルド・コタレッラ]の魔法の手が産み出した白ワインです。ライム、レモンを想わせる爽やかな香りに、ほんのりペパーミントのアクセント。柔らかい口当たりで、フレッシュな果実味に心地よい酸味と程よい苦味の余韻も魅力です。

ROSEMOUNT BLENDS TRAMINER RIESLING

種類:白ワイン
原産国:オーストラリア
ヴィンテージ:2016
生産者:ローズマウントエステート
品種:トラミネール86%、リースリング14%
参考価格:1166円

緑がかった淡い麦わら色。白いバラ、花梨、ライムの華やかなアロマが特徴です。口に含むと非常にジューシーでトルコ菓子のような上品な甘さも感じられます。スパイシーな料理に良く合います。

ERBEN SPATLESE

種類:白ワイン
原産国:ドイツ
ヴィンテージ:2014
生産者:ラングート
品種:ミュラートゥルガウ65%、リースリング35%
参考価格:1458円

豊潤なフルーツのアロマとはじけるような酸味がバランス良く調和した味わいが特長のワインです。 ドイツMEININGERS WEINTESTにて2012年2013年2014年ヴィンテージが金賞を受賞しています。

まとめ

いかがでしたか?低価格帯は全部白ワインでしたね。他にも色々な国の様々な種類のワインが賞を受賞しているので、結果を見てみてください。私も最上位のダイヤモンドトロフィーに輝いたワインを中心にいくつか飲んでみたいと思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク