【驚愕の新事実?!】花粉症とワインの関係を調べてみた!

私はこの季節になるとマスクがなくてはならないアイテムになります。そう私は花粉症です。悩まされている方は多いんじゃないでしょうか?
最近では、眠くならないよく効く市販の薬も出ていますが、それでもつらい事に変わりはありません。でも知ってました?

ワインが花粉症に効果(?)があるのって・・・

今回はワインと花粉症の関係を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

花粉症とワインの関係について

アルコールと花粉症の関係

まずは、アルコールと花粉症の関係を調べてみましょう!ワインに限らず、ビールや日本酒と大小あれどお酒にはアルコールが含まれています。
アルコールが摂取されると体内である物質に変化します。それは・・・

アセトアルデヒド

聞いたことはあるかもしれません。アセトアルデヒドが生成されると、それに反応して体内では花粉症の天敵である・・・

ヒスタミン

が大量に生成されてしまいます。そのため、花粉症の方がお酒を飲むと鼻水や目のかゆみがひどくなってしまうんです。

スポンサーリンク

ポリフェノールと花粉症の関係

では、アルコールは花粉症にとってマイナスだけかというとそうではありません!実は赤ワインに豊富に含まれているポリフェノールには花粉症を和らげる効果があるんです!
ポリフェノールは、ヒスタミンなどの発生を抑える働きがあり、炎症を緩和するそうです。なので、ポリフェノールが豊富に含まれるトマトやレンコン、シソなども花粉症に効果があるそうです。

じゃあ結局どうなの??

結論から言いますと花粉症の人は・・・・・

ワインを含む酒類を控えた方がいいが、飲むなら赤ワイン!

ということになります!ちなみに赤ワインから摂取するポリフェノールの軽減効果よりもアルコールからくるマイナス効果の方が強いので(当方の経験より)、ビールや白ワインなどを飲むよりはマシといった程度です(笑)。
花粉症持ちのワイン好きにとっては残念な事実ですね。。。。

私の個人的におすすめしたい花粉症の薬


私が最も信頼を置いている花粉症の薬です!
色々薬を試して、やっと辿り着いたのがこのアレジオン!有名な市販薬なのでドラッグストアならどこでも置いてあると思います。寝る前に飲むだけで1日中効きますし、日中眠くなることもありません。あと安いので、そこもポイントですね!花粉症に悩んでいる方は是非一度お試ししてみては?

※薬はお酒を飲む前後は控えた方がいいそうです。飲む前後最低2時間はあけて服用してください。

まとめ

お酒は花粉症には良くないんですね。。。というか花粉症の人なら感覚的にわかっていたかもしれませんが(笑)。でも酔っ払ってしまうと、あまり花粉症が気にならないという効果もあるんですけどね(笑)。

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク