【偽ロゼワイン】赤ワインと白ワインを混ぜてみた!

ピンク色がおしゃれなロゼワイン。
昔の私は赤ワインと白ワインを混ぜて作ってるものと思っていましが、この作り方はEUの法律によって禁じられていて、実際の作り方とは異なります(シャンパンだけは許可されています。)。

でも実際に赤ワインと白ワインを混ぜたらどうなるんでしょう?

気にはなっていましたが、試したことがないのでやってみました!

スポンサーリンク

赤ワインと白ワインを混ぜるとどうなる?

実践方法

実際に混ぜるといってもベストな割合がわからないので、以下の割合で試すことにしました。

赤 25:75 白
赤 50:50 白
赤 75:25 白

この中にロゼワインと呼べるものが現れるのでしょうか・・・・。

仕込み

適当じゃないですよ、しっかり測ります。
10ml単位で測れる計量器がなかったので、ダイソーに買いに行きました(笑)。

試飲

グラスの上に番号を振りました。配合は下記のとおりです。

① 赤ワイン 100
② 赤ワイン 75 : 25 白ワイン
③ 赤ワイン 50 : 50 白ワイン
④ 赤ワイン 25 : 75 白ワイン
⑤ 白ワイン 100

いい感じのグラデーションになりました!どれも美味しそうです!

①、⑤普通の赤ワイン、白ワイン

安物ですが、美味しいです。ごくごく普通のワインです。まずは、元々のワインの味を知るために試飲しました。

スポンサーリンク

② 赤ワイン 75 : 25 白ワイン

色味はあまり変化を感じません。赤ワインと言われても信じてしまいます。
次に香り・・・。これももともとの赤ワインと何ら変化は感じられません
口に含んでみます・・・・。最初の印象は赤ワインから変化はありませんでしたが、じっくり味わってみると赤100%に比べまろやかな感じがします。これはこれでアリだと思いました!普通にいけます!

③ 赤ワイン 50 : 50 白ワイン

色味に変化が出始めました。若干薄めの赤ワインといったところでしょうか。ロゼワインに比べると色は濃すぎます。
次に香り・・・!!!チョコの風味がします!高級ワインの中にはこういう風味のするワインがありますが、安物ワインからはこのような匂いはなかなかしません。期待が膨らみます!
試飲します・・・・!!!!

クソまずい・・・・・

味は表現が難しいのですが、濃いのか薄いのかわかりません。決してロゼワインの味ではないし、誰が飲んでもまずいと評価すると思います。ただ匂いは一級品でした(笑)。

④ 赤ワイン 25 : 75 白ワイン

色味は一番ロゼワインに近かったです。もう少し白ワインの配合割合を増やせば、ロゼ色になると思います。
次に香り・・・・不思議なほど匂いがしません。無臭の一言です。
さて、口に含みます・・・・最初のアタックは白ワインの爽やかな味、そしてだんだんロゼっぽい味がしました。しかし、後味が③の何とも言えない味が広がりました。それさえなければ完璧だったんですけどね。。。総合的には一番ロゼワインに近かったです。

まとめ

一番ロゼっぽいのは④の「赤ワイン25:75白ワイン」でした。ただ、後味がダメなのでオススメしません。一番美味しく感じたのが②の「赤ワイン75:25白ワイン」です。ちょっと味をまろやかにしたいって時にオススメの飲み方ですね。③の「赤ワイン50:50白ワイン」は論外でした(笑)。
私の場合、このような結果になりましたが、品種などが違えばまた異なる結果になるかもしれませんのでご参考に。ただ、今回感じたのは、そのまま飲むのが一番と言うことです(笑)

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク