最悪の組み合わせ?ワインと合わない(NG)食材とは?

ワインは単独でも魅力たっぷりの飲み物ですが、食材とのマリアージュ(組み合わせ)でさらなる魅力を発揮する飲み物です。例えばチーズなんかはワインの最高のパートナーですよね!

しかし、中にはワインと最悪のマリアージュを奏でる食材もあるんです。。。今日はその食材達をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ワインと合わない食材達

数の子

これは知っている方も多いかと思いますが、ワインと一緒に飲むと生臭さが半端ないです。口中に生臭さが広がり、吐き気すらも。これを知らずにワインや数の子の販売元に文句をいう人もいるそうです。

生牡蠣

先に注意したいのが、生牡蠣の場合は個人差が大きいです。やはり魚介類は生臭さがあるので、ワインによって強調されて嫌な方はいます。私もその一人です。しかし、生牡蠣にはブルゴーニュのシャブリが合うともされています。

生卵

この組み合わせは、ワインの風味と卵の風味が喧嘩し合うためNGの組み合わせとされています。しかし、生卵とワインを合わせる機会はそうそうないと思いますが、卵かけご飯とワインを合わす時には注意が必要?

スポンサーリンク

明太子

全部のワインと合わないわけではありませんが、特に赤ワインとは相性が悪いです。数の子もそうでしたが、そもそも魚の卵と相性が悪いんですね。イクラともイマイチですし。日本酒とは合うんですけどね。

干物

これは磯臭さが倍増してしまうんです。ジャコとかも同じ現象になってしまいます。個人差があるとは思うんですが、どうも魚介系とワインは合わないパターンが多くなってしまいます

きゅうり

これは私個人的には嫌いではないんですが、ダメな人も中にはいます。きゅうりの青臭さが広がるのがダメみたいです。私はそれもがきゅうりの醍醐味みたいなとこがあると思っているので、ワインのつまみとしてきゅうりは全然OKなんですけどね。

カレー

私はワインも大好きですがカレーも大好きです。ただ、カレーはすべての食材をカレー色に染めてしまうほど個性が強いので、繊細なワインとの相性は良くないです。特に高級ワインとは絶対に合わせてはいけません。ワインの味はせよ、安物ワインとの差はわからなくなってしまいます。

まとめ

今回のチョイスはあくまでも私の個人的見解も入っています。ただ、数の子とカレーは確実に誰もが最悪かとは思います(笑)。ワインはだいたいの食材と合わすことができるので、今回紹介したものぐらいだけ気にすれば大丈夫と(個人的には)思います!

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
関連記事
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク