フルボディ?ライトボディ?ナイスバディ?

man-1774019_960_720

ワインを選ぶ時に、よく遭遇するこの言葉

フルボディ」、「ライトボディ、、、、

なんとなく濃い・薄い、重い・軽いみたいなイメージで切り抜けてきた人はいませんか?

はい、私です。   私のイメージでは、なんらかの基準が決められていて、それに則って自動的に決めているもんだと思っていました。 あと、白ワインも同じ言い方をするものだとも思っていました・・・・。

スポンサーリンク

ボディって?

まず、ボディで表現するのは一般的には赤ワインのみです。 白ワイン(ロゼワインも)は、辛口、甘口で表現します。赤ワインは甘さをあまり含まないので、甘口・辛口の代わりに「ボディ」を使うそうです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

では、このボディはどうやって決まっているか、、、

それは   作り手の感覚です(笑)

決まった定義があるものではなく、あくまでも感覚上の区別のため作り手が決めているので、目安と考えた方がいいでしょう。

構成要素

作り手が定義するボディの主な構成要素は3つあります。 (注:あくまでも主な要素です。)

①タンニンの量(渋み)

②アルコール度数

③香り(非フルーツ)

この要素が強ければ、「フルボディ」、弱ければ「ライトボディ」となります。

ライトボディは非常に飲みやすく、赤ワインの渋みが苦手な方にはいいんじゃないでしょうか。

フルボディは濃厚で重厚、満足感が得られるといった印象です。

スポンサーリンク

最後に

最後にこの「ボディ」という表現、ワインを女性の体の例えて表現されたことが由来だそうです(笑)

形から入るワイン情報を
FBをフォローしてGET!

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク